001-008695

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ScheduleLeaveEventsを使用して閲覧権限がない予定から抜けようとすると、エラー(GRN_SCHD_13002)が発生し、予定から抜けられない。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
  • SOAP API
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
改修バージョン
4.0.2
公開日
2015-04-17
更新日
2015-05-22

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1がユーザー2の予定を閲覧できないよう、ユーザー2に対するスケジュールのアクセス権を設定します。

    例:
    -------------------------
    セキュリティモデル:REVOKE(制限の対象を選択する)
    対象:ユーザー1
    アクセス権:閲覧権限なし
    -------------------------

  • ユーザー1を含む通常予定を追加します。

    例:
    -------------------------
    タイトル:予定1
    参加者:ユーザー1、ユーザー2
    -------------------------

    補足:
    • 期間予定でも本現象は発生します。

【再現手順】

  1. ユーザー1で、API「ScheduleLeaveEvents」を使用して、予定1から抜けます。

    APIリクエスト例:
    -------------------------
    <ScheduleLeaveEvents>
    <parameters>
    <event_id xmlns="">1</event_id>
    </parameters>
    </ScheduleLeaveEvents>
    -------------------------

→現象発生:
 次のエラーが発生し、予定1から抜けられません。
 -------------------------
 GRN_SCHD_13002
 この予定は閲覧できません。
 -------------------------

 

→正しい結果:
 次のエラーが発生しますが、予定1から抜けられます。
 -------------------------
 GRN_SCHD_13002
 この予定は閲覧できません。
 -------------------------


【対応方法】

 

次の操作で予定1から抜けます。

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[スケジュール] > [グループ週] > [予定1] > [この予定から抜ける]の順にクリックします。

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2015/05/01 タイトルを変更しました。

関連記事