014-008859

パッケージ版 サイボウズ Office

書式編集のハイパーリンクで「\\server\file」の形式のURLを指定すると、URLが自動補完される。

           
種別
不具合
機能
  • 書式編集
再現バージョン
  • 10.3.0
改修バージョン
10.4.0
公開日
2015-04-28
更新日
2015-10-09

【再現手順】

  1. [個人フォルダ] > [メッセージを送る]の順にクリックします。

  2. 本文の入力欄で「書式編集」を選択します。

  3. [リンクの挿入・編集]をクリックします。

  4. リンク先URLに「\\server\file」を設定し、[OK]をクリックします。

    例:
    -------
    リンク先URL:\\server\file
    リンク元テキスト:テキスト1
    -------

  5. 本文の入力欄で「テキスト1」を選択し、再度[リンクの挿入・編集]をクリックします。

 

→現象発生:

 リンク先URLが自動補完されます。

 例:

 http://(インストールしたサーバーのIPアドレスまたはホスト名)/scripts/cbag/\\server\file

 

→正しい結果:

 次のように表示されます。

 例:

  • \\server\file

 

補足:

  • 現象発生後[送信する]をクリックすると、送信後の本文でもリンク先URLが自動補完されます。

  • すべてのアプリケーションの書式編集が可能な入力欄で、同様の現象が発生します。

  • バージョン 10.2.0以前のサイボウズ Officeで、書式編集のハイパーリンクに「\\server\file」の形式のURLを指定した本文があった場合、バージョン 10.3.0以降のサイボウズ Officeにバージョンアップ後に本文を再利用すると、同様の現象が発生します。

【回避方法】

次のどちらかの方法で回避できます。

  • 書式編集のハイパーリンクで「file://」の形式のURLを指定します。

    例:
    -------
    リンク先URL:file://server/file
    リンク元テキスト:テキスト1
    -------

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
    • バージョン 10.4.0のサイボウズ Office

関連記事