014-008860

パッケージ版 サイボウズ Office

自動ルックアップ項目で取得した内容が、CSVファイルに書き出されない場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • CSV書き出し
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 10.3.0
改修バージョン
10.4.0
公開日
2015-04-28
更新日
2015-10-09

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • リレーションの「関連づけるアプリ」に設定したアプリで、アプリまたは項目のアクセス権が、任意のユーザー/グループに対して設定されている。


【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • カスタムアプリで、アプリを追加します。

    例:
    • アプリ1
    • アプリ2

  • アプリ1に、項目を追加します。

    例:
    • 項目名:項目1
      入力タイプ:文字列(1行)
    • 項目名:項目2
      入力タイプ:自動ルックアップ

  • アプリ2に、項目を追加します。

    例:
    • 項目名:項目3
      入力タイプ:文字列(1行)
    • 項目名:項目4
      入力タイプ:文字列(1行)

  • アプリ1に、リレーションを追加します。

    例:
    ——-
    リレーション名:リレーション1
    関連づけるアプリ:アプリ2
    キーになる項目:項目1[type=文字列(1行)]⇔項目3[type=文字列(1行)]
    関連づける項目:項目2[type=自動ルックアップ]⇔項目4[type=文字列(1行)]
    ——-

  • アプリ2の項目4のアクセス権で、次の設定を行います。

    例:
    ——-
    項目:項目4
    対象:ユーザー1
    許可する操作:「閲覧」「編集」
    ——-

    補足:
    • 「対象:全員」は削除します。

    • ユーザー1に、アプリ2の項目4の「閲覧」および「編集」アクセス権がある場合も、本現象は発生します。


  • アプリ2に、レコードを登録します。

    例:
    ——-
    項目3:内容1
    項目4:内容2
    ——-

  • アプリ1に、レコードを登録します。

    例:
    ——-
    項目1:内容1
    項目2:([ルックアップ])
    ——-

    補足:
    • ルックアップが実行され、次の内容でレコードが登録されます。

      例:
      ——-
      項目1:内容1
      項目2:内容2
      ——-

 

【再現手順】

  1. [カスタムアプリ] > [アプリ1] > [その他の操作] > [CSVファイルに書き出す]の順にクリックします。

  2. 書き出す項目に「項目2」を選択し、[次に、書き出す内容を確認する >>]をクリックします。

    例:
    ——-
    書き出す項目:「項目1」「項目2」
    項目名:「先頭行に項目名を書き出す」のチェックボックスを選択する
    ——-

  3. [書き出す]をクリックします。

  4. 書き出されたCSVファイルを確認します。


→現象発生:
 自動ルックアップ項目で取得した内容が、CSVファイルに書き出されません。

 例:
 ——-
 "項目1,"項目2"
 "内容1",""
 ——-

 

→正しい結果:
 自動ルックアップ項目で取得した内容が、CSVファイルに書き出されます。

 例:
 ——-
 "項目1,"項目2"
 "内容1","内容2"
 ——-

 

補足:

  • 準備で、アプリ2のアクセス権を設定した場合も、同様の現象が発生します。

    例:
    • アプリ2の運用管理者にユーザー1を指定し、かつ、アプリ2のアクセス権で、次の設定を行います。
      ——-
      対象:ユーザー1
      許可する操作:「閲覧」「編集」「追加」「削除」
      ——-

    補足:
    • 「対象:全員」は削除します。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 10.4.0のサイボウズ Office

【対応方法】

 

次の方法で、自動ルックアップ項目の内容をファイルに出力します。

  1. [カスタムアプリ] > [アプリ1] > [その他の操作] > [印刷用画面] > [ファイルに出力する]の順にクリックします。

  2. 出力されたファイルを、Excelで開きます。