001-008902

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[iOS Safari/Android Chromeの現象]モバイル表示を使用すると、スペースの利用を制限されているユーザーも、共有ToDoの担当者に設定できてしまう。

種別
不具合
機能
  • スペース
  • モバイル表示
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
改修バージョン
4.0.3
公開日
2015-06-30
更新日
2015-08-28

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • スペースを作成します。

    例:
    ------------------------
    スペース名:スペース1
    メンバー:ユーザー1、ユーザー2
    ------------------------

  • スペース1にディスカッションを追加します。

    例:
    ディスカッション1

  • 共有ToDoを追加します。

    例:
    ------------------------
    ToDo名:ToDo1
    担当者:ユーザー1
    ------------------------

  • アプリケーションの利用ユーザーの設定を行います。

    例:
    • 対象:ユーザー1
      利用を許可するアプリケーション:「スペース」のチェックボックスを選択する

    • 対象:ユーザー2
      利用を許可するアプリケーション:「スペース」のチェックボックスの選択を外す

    補足:
    • 「Everyone」ロールの設定がある場合、次の操作でアプリケーションの利用ユーザーから「Everyone」を削除します。

      1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [アプリケーション] > [利用ユーザーの設定]の順にクリックします。

      2. 「Everyone」のチェックボックスを選択し、[削除する] > [はい]の順にクリックします。

 

【再現手順】

  1. iOSがインストールされている端末のSafariから、ユーザー1でガルーンにログインします。

  2. [モバイル表示]をタップします。

  3. [スペース] > [スペース1] > [共有ToDo] > [ToDo1]の順にタップします。

  4. 画面左下の鉛筆アイコン(変更するためのアイコン)をタップします。

  5. 「担当者」欄をタップします。


→現象発生:
 選択肢に、ユーザー2が表示されます。

補足:

  • 「ユーザー2」を選択し、[設定]をクリックすると、ユーザー2をスペース1の担当者に設定できます。

  • ユーザー2をスペース1の担当者に設定後、ユーザー2でガルーンにログインしても、ToDo1やスペース1の通知は表示されず、またスペースも利用できません。

  • Android Chromeを利用した場合も、同様の現象が発生します。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 4.0.3のガルーン



------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2015/07/27 タイトルを修正しました。

関連記事