016-008938

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「メールアドレスの選択」画面の「最近使ったアドレス」に、選択したことのないメールアドレスが表示される場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール作成
  • アドレス帳
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.0.4
  • 4.0.5
  • 4.0.6
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
  • 5.4.7
改修バージョン
公開日
2015-10-29
更新日
2015-10-29

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • メールスペースが複数存在する。

  • ほかのメールスペースで、顧客のメールアドレスを挿入したことがある。

  • ほかのメールスペースでメールアドレスを挿入したことがある顧客と同じ顧客IDの顧客が存在する。

 

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • メールスペースを追加します。

    例:
    • メールスペース1
    • メールスペース2

  • システム設定画面で、メールスペース1にメールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

  • システム設定画面で、メールスペース2にメールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション2

  • メールスペース1のアドレス帳に、メールアドレスを設定した顧客を登録します。

    例:
    -------
    名前:ユーザー1(cid=1)
    メールアドレス:user1@cybozu.co.jp
    -------

    補足:
    • 顧客ID(cid)とは、顧客を識別するために割り当てられた数字です。

    • 顧客IDは、次の画面のURLで確認できます。
      • 「スペース1 > アドレス帳 > 顧客の詳細」画面

  • メールスペース2のアドレス帳に、メールアドレスを設定した顧客を登録します。

    例:
    -------
    名前:ユーザー2(cid=1)
    メールアドレス:user2@cybozu.co.jp
    -------

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインします。

  2. メールスペース1で、[メールアプリケーション1] > [メール作成]の順にクリックします。

  3. 「To」、「CC」または「BCC」の[アドレス選択]をクリックします。

  4. [顧客一覧]をクリックします。

  5. ユーザー1のメールアドレスをクリックします。

  6. [上記のアドレスを挿入する]をクリックします。

  7. メールスペース2で、[メールアプリケーション2] > [メール作成]の順にクリックします。

  8. 「To」、「CC」または「BCC」の[アドレス選択]をクリックします。

  9. [最近使ったアドレス]をクリックします。

→現象発生:
 最近使ったアドレスに、ユーザー2が表示されます。

 例:
 -------
 名前:ユーザー2
 メールアドレス:user2@cybozu.co.jp
 -------


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事