016-008940

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「メールの返信」画面で、処理状況を「(送信待ち)」にして書きかけ保存すると、差出人欄に受信メールの送信者名が表示される。

種別
不具合
機能
  • メール一覧表示
  • 書きかけ保存
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.0.4
  • 4.0.5
  • 4.0.6
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
  • 5.4.7
改修バージョン
公開日
2015-10-30
更新日
2015-10-30

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 「宛先/差出人」を一覧画面で表示する項目に指定している。

  • 「宛先と差出人を分けて表示する」設定にしている。

  • 処理状況を「(送信待ち)」にして書きかけ保存する。

 

【準備】

  • メールワイズで、メールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

  • 運用管理の「表示の設定」画面で、次の設定を行います。

    • 一覧画面で表示する項目:「宛先/差出人」のチェックボックスを選択する

      • 「宛先と差出人を分けて表示する」のチェックボックスを選択する

  • メールアプリケーション1で、メールを受信します。

    例:
    -------
    差出人:ユーザー1
    メール1
    -------

【再現手順】

  1. [メールアプリケーション1] > [メール1] > [返信する]の順にクリックします。

  2. 処理状況のドロップダウンリストで「(送信待ち)」を選択します。

  3. [書きかけ保存する]をクリックします。

  4. [メールアプリケーション1] > [送信待ちメール]の順にクリックします。

→現象発生:
 差出人欄に、受信メールの送信者名が表示されます。
 
 例:
 -------
 差出人:ユーザー1

 -------


→正しい結果:
 差出人欄に、送信者のメールアカウントが表示されます。

 例:

 -------
 差出人:user1@cybozu.co.jp

 -------


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事