001-008966

パッケージ版 Garoon

関心あり
2人の方が関心を示しています。

Microsoft Outlookの会議出席依頼のメールを受信すると、Descriptionの内容がデコードされない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
改修バージョン
4.2.1
公開日
2016-01-13
更新日
2017-04-24

【発生条件】

次の条件をすべて満たすメールを受信すると、現象が発生します。

  • Microsoft Outlookから送信された会議出席依頼のメールを受信する。

  • Content-Transfer-Encodingにquoted-printableが指定されている。

    メールソースの例:
    -----------------------------------------------------
    Return-Path: user001@xxx.co.jp
    Received: from xxxxx by xxxxx ; Tue, 01 Dec 2015 09:00:00 +0900
    From: "user001" <user001@xxx.co.jp>
    To: <user002@xxx.co.jp>
    Subject: Sample_Mail
    Date: Tue, 01 Dec 2015 09:00:00 +0900
    Message-ID: <user002@xxx.co.jp>
    MIME-Version: 1.0
    Content-Type: text/calendar; method=REQUEST;
    charset="utf-8"
    Content-Transfer-Encoding: quoted-printable
    X-Mailer: Microsoft Outlook 15.0
    Thread-Index: AdColrhsoo2NJtv7QSu/IPB3UN6W8AAAAkqg
    Content-Language: es

    BEGIN:VCALENDAR
    PRODID:-//Microsoft Corporation//Outlook 15.0 MIMEDIR//EN
    VERSION:2.0
    METHOD:REQUEST
    X-MS-OLK-FORCEINSPECTOROPEN:TRUE
    BEGIN:VTIMEZONE
    TZID:Tokyo Standard Time
    BEGIN:STANDARD
    DTSTART:16010101T000000
    TZOFFSETFROM:+0900
    TZOFFSETTO:+0900
    END:STANDARD
    END:VTIMEZONE
    BEGIN:VEVENT
    ATTENDEE;CN=user002@xxx.co.jp;RSVP=TRUE:mailto:user002@xxx.co.jp
    CLASS:PUBLIC
    CREATED:20151201T000000Z
    DESCRIPTION:Este=20es=20el=20cuerpo=20del=20correo=20electr=C3=B3nico.
    DTEND;TZID="Tokyo Standard Time":20151201T110000
    DTSTAMP:20151201T000000Z
    DTSTART;TZID="Tokyo Standard Time":20151201T100000
    LAST-MODIFIED:20151201T000000Z
    LOCATION:XXXXX
    ORGANIZER;CN="user001":mailto:user001@xxx.co.jp
    PRIORITY:5
    SEQUENCE:0
    SUMMARY;LANGUAGE=ja:Sample_Mail
    TRANSP:OPAQUE
    UID:040000008200E00074C5B7101A82E0080000000050C07E31E2A8D001000000000000000
    010000000B4B9D26577EC9E4A934AB4155E6BBEF0

    X-ALT-DESC;FMTTYPE=text/html:<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2//E
    N">\n<HTML>\n<HEAD>\n<META NAME="Generator" CONTENT="MS Exchange Server
    ・・・(省略)
    <FONT SIZE=2 FACE="Arial">Este es el cuerpo del correo electrónico.</FONT></SPAN></P>\n\n</BODY>\n</HTML>
    X-MICROSOFT-CDO-BUSYSTATUS:TENTATIVE
    X-MICROSOFT-CDO-IMPORTANCE:1
    X-MICROSOFT-CDO-INTENDEDSTATUS:BUSY
    X-MICROSOFT-DISALLOW-COUNTER:FALSE
    X-MS-OLK-AUTOSTARTCHECK:FALSE
    X-MS-OLK-CONFTYPE:0
    BEGIN:VALARM
    TRIGGER:-PT15M
    ACTION:DISPLAY
    DESCRIPTION:Reminder
    END:VALARM
    END:VEVENT
    END:VCALENDAR
    -----------------------------------------------------


【再現手順】

  1. 「発生条件」を満たすメールを受信します。

    例:
    Sample_Mail

  2. アプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信箱]の順にクリックします。

  3. [Sample_Mail]をクリックします。


→現象発生:
 Description部分がデコードされません。

 例:
 --------------
 When: Tuesday, December 1, 2015 10:00:00 - Tuesday, December 1, 2015 11:00:00(UTC+0900)Tokyo Standard Time
 Where:
 Este=20es=20el=20cuerpo=20del=20correo=20electr=C3=B3nico.
 --------------

→正しい結果:
 Description部分がデコードされます。

 例:
 --------------
 When: Tuesday, December 1, 2015 10:00:00 - Tuesday, December 1, 2015 11:00:00(UTC+0900)Tokyo Standard Time
 Where:
 Este es el cuerpo del correo electrónico.
 --------------


【対応方法】

 

次の操作で、標題を正常に表示できる場合があります。

  • 他のメールクライアントでメールを読み込みます。

  1. メールの「メールの詳細」画面で[ソースの表示]をクリックします。

  2. ダウンロードしたファイルの拡張子を「eml」に変更します。

    例:
    変更前:source.txt
    変更後:source.eml

  3. Microsoft OutlookまたはMozilla Thunderbird等のメールクライアントで、手順2のファイルを読み込みます。

  4. 読み込んだメールを確認します。

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2017/04/24 詳細の文言を修正しました。

関連記事