001-009021

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

コマンドラインを使用して全文検索のインデックスを作成すると、差出人でメッセージの最終更新者を検索できなくなる。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
改修バージョン
4.2.3
公開日
2016-05-17
更新日
2016-08-26

【準備】

  • 全文検索をインストールし、ガルーンで利用できるよう設定します。

  • ガルーンでユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1でメッセージを送信します。

    例:
    -------------------
    標題:メッセージ1
    宛先:ユーザー2
    変更/削除の許可:「許可するユーザーを選択する▼」のラジオボタンを選択
    許可するユーザー:ユーザー2
    -------------------

  • ユーザー2でメッセージ1の内容を更新します。

    補足:
    • 「メッセージの詳細」画面で「最終更新者」がユーザー2と表示されます。

【再現手順】

  1. コマンドラインを開きます。

  2. CGI実行ディレクトリーに移動します。

    例:
    Windowsの場合
    cd C:¥Inetpub¥scripts¥cbgrn

    Linuxの場合
    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn

  3. 次のコマンドを実行し、全文検索のインデックスを作成します。

    例:
    Windowsの場合
    .¥grn.exe -C -q code¥command¥fts¥full_index.csp number=1

    Linuxの場合
    ./grn.cgi -C -q code/command/fts/full_index.csp number=1

  4. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ]をクリックします。

  5. 画面右上にあるメッセージの検索ボックスの虫めがねアイコンをクリックします。

  6. 検索にヒットするキーワードと、メッセージ1の最終更新者を差出人欄に入力します。

    例:
    -------------------
    キーワード:メッセージ1
    検索フォルダ:送信箱
    差出人:ユーザー2
    -------------------

  7. [検索]をクリックします。

→現象発生:
 検索結果にメッセージ1が表示されません。

→正しい結果:
 検索結果にメッセージ1が表示されます。

 

補足

  • 差出人以外のメンバーがメッセージを更新した場合、全文検索の「差出人」欄では最終更新者がヒットする仕様です。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.3のガルーン



-----------------------------------------------------------
【更新履歴】

2016/08/05 タイトルを更新しました。

関連記事