004-009023

リモートサービス

製品側でユーザーを削除した後、利用ユーザーのCSVファイルへの書き出しを行うと、一部のユーザーが出力されない。

           
種別
不具合
機能
  • 管理画面
再現バージョン
  • 3.1.3
改修バージョン
3.1.4
公開日
2015-07-09
更新日
2017-07-31
【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。
  • 削除するユーザーの最終アクセスより後に、最終アクセスをしたユーザーが存在する。

【準備】

  • 利用製品にサイボウズ ガルーンを追加します。

  • 利用ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2
    • ユーザー3

    補足:
    • 「システム管理 > 製品/ユーザーの設定 > 利用ユーザーの設定 > 利用ユーザーの追加」画面で追加します。

  • 追加したユーザーでリモートサービス経由でアクセスします。

    例:
    • ユーザー1
      最終アクセス日時:10:00

    • ユーザー2
      最終アクセス日時:10:05

    • ユーザー3
      最終アクセス日時:10:10
     
【再現手順】
  1. サイボウズ ガルーンのシステム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定] > [ユーザー2] の順にクリックします。

  2. [削除する] > [はい]の順にクリックし、ユーザー2を削除します。

  3. リモートサービスにログインし、「リモートサービスの運用管理」の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。

  4. サイボウズ ガルーンの[利用ユーザーの設定] > [CSVファイルへ書き出す] > [書き出す]の順にクリックします。

  5. 書き出されたCSVファイルを確認します。

→現象発生:
 一部のユーザーが出力されません。

 例:
 ——————-
 出力されるユーザー:ユーザー1

 ——————-

→正しい結果:
 全てのユーザーが出力されます。

 例:

 ——————-
 出力されるユーザー:ユーザー1、ユーザー3

 ——————-

補足:

  • 削除するユーザーの最終アクセス日時が空の場合、削除するユーザーより後に登録された、最終アクセス日時が空のユーザーも出力されません。

  • リモートサービスマネージャーに対応しているガルーン以外のサイボウズ製品でも、同様の現象が発生します。

【回避方法】

次の手順でユーザーを削除し、CSVの書き出しを行います。
  1. リモートサービスにログインし、「リモートサービスの運用管理」の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。

  2. 現象が発生しているサイボウズ製品の[利用ユーザーの設定]をクリックします。

  3. ユーザー2のチェックボックスを選択し、[利用ユーザーから削除する] > [解除する]の順にクリックします。

  4. [CSVファイルへ書き出す] > [書き出す]の順にクリックします。

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2017/07/31 補足と回避方法を更新しました。

関連記事