001-009076

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

インデックスの作成をショートカットキー(Ctrl+C)で中断したあと、再開すると、もう一度最初からインデックスが作成される。

種別
不具合
機能
  • 全般
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
改修バージョン
4.2.0
公開日
2015-09-25
更新日
2015-11-27

【準備】

  • 全文検索サーバーを準備します。

  • メールを数件受信します。


【再現手順】

  1. コマンドラインを開きます。

  2. CGI実行ディレクトリーに移動します。

    例:
    Windowsの場合
    cd C:¥Inetpub¥scripts¥cbgrn

    Linuxの場合
    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn

  3. 次のコマンドを実行し、インデックスの作成を開始します。

    例:
    Windows版の場合
    .¥grn.exe -C -q code¥command¥fts¥full_index.csp

    Linux版の場合
    ./grn.cgi -C -q code/command/fts/full_index.csp (パラメーター)

  4. メールのインデックス作成途中で、Ctrlキーを押しながら、Cキーを押し、インデックスの作成を停止します。

  5. インデックス作成のレジューム管理ファイルを開きます。

    例:
    Windows版の場合
    (インストールディレクトリ)¥mysql-5.0¥files¥cbgrn¥fts

    Linux版の場合
    (インストールディレクトリ)/mysql-5.0/files/cbgrn/fts/full_index_resume.json

    • 例:
      --------------------------------
      {
      "commandInfo": {
      "grn.fts.bulletin.BulkArticleIndexer": false,
      "grn.fts.bulletin.BulkFollowIndexer": false,
      "grn.fts.bulletin.BulkFileIndexer": false,
      "grn.fts.message.BulkMessageIndexer": false,
      "grn.fts.message.BulkFollowIndexer": false,
      "grn.fts.message.BulkFileIndexer": false,
      "grn.fts.cabinet.BulkFileIndexer": false,
      "grn.fts.space.BulkSpaceIndexer": false,
      "grn.fts.space.BulkDiscussionIndexer": false,
      "grn.fts.space.BulkTodoIndexer": false,
      "grn.fts.space.BulkDiscussionCommentIndexer": false,
      "grn.fts.space.BulkTodoCommentIndexer": false,
      "grn.fts.space.BulkFileIndexer": false,
      "grn.fts.mail.BulkMessageIndexer": true,
      "grn.fts.mail.BulkSendFileIndexer": true,
      "grn.fts.mail.BulkReceiveFileIndexer": true
      },
      "startId": 10,
      "userTableNum": null
      }
      --------------------------------

  6. 次のコマンドを実行し、再度インデックスの作成を開始します。

    例:
    Windows版の場合
    .¥grn.exe -C -q code¥command¥fts¥full_index.csp

    Linux版の場合
    ./grn.cgi -C -q code/command/fts/full_index.csp (パラメーター)

  7. メールのインデックスの作成開始後、手順4より早い時点でCtrlキーを押しながら、Cキーを押し、インデックスの作成を停止します。


→現象発生:
 最初からインデックスの作成が開始します。

 例:
 --------------------------------
 "startId": 1
 --------------------------------

→正しい結果:
 中断したインデックスから開始します。
 --------------------------------
 "startId": 10
 --------------------------------

補足:

  • メール以外の機能でも、同様の現象が発生する場合があります。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.0のガルーン



 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2015/10/01 タイトルを更新しました。

関連記事