014-009215

パッケージ版 サイボウズ Office

カテゴリ形式の「ビュー(一覧)」で、カテゴリになる項目に設定した項目でソートすると、「昇順」と「降順」が逆になる場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 9.2.0
  • 9.2.1
  • 9.3.0
  • 9.3.1
  • 9.3.2
  • 9.3.3
  • 10.0.0
  • 10.0.1
  • 10.0.2
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
  • 10.3.0
  • 10.4.0
  • 10.5.0
  • 10.6.0
  • 10.6.1
  • 10.7.0
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
  • 10.8.3
改修バージョン
公開日
2016-06-02
更新日
2018-05-15

【準備】

  • カスタムアプリで、アプリを追加します。

    例:
    アプリ1

  • アプリ1に、項目を追加します。

    例:
    -------
    入力タイプ:文字列(1行)
    項目名:項目1
    -------

    補足:
    • カテゴリ形式の「ビュー(一覧)」で、カテゴリになる項目に設定できる項目を追加します。

  • アプリ1に、カテゴリ形式の「ビュー(一覧)」を追加します。

    例:
    -------
    ビュー名:ビュー1
    表示形式:カテゴリ形式
    カテゴリになる項目:項目1
    -------

  • アプリ1に、ソートを追加します。

    例:
    • ソート名:ソート1
      ソート条件:「項目1」「降順」
    • ソート名:ソート2
      ソート条件:「項目1」「昇順」

  • アプリ1の「最初に表示する画面の設定」画面で、ソートを「レコード番号/昇順」に設定します。

    例:
    -------
    対象:「[デフォルト設定]」
    表示するタブ:「ビュー(一覧)」
    ソート:「レコード番号」「昇順」
    ビュー(一覧):「(すべて)」
    ビュー(詳細):「(すべて)」
    絞込:「(すべて)」
    集計:「(設定なし)」
    -------

  • アプリ1に、レコードを2件以上登録します。

    例:
    • 項目1:値1
    • 項目1:値2

【再現手順】

  1. [カスタムアプリ] > [アプリ1]の順にクリックします。

  2. ビューのドロップダウンリストで、「ビュー1」を選択します。

  3. ソートのドロップダウンリストで、「ソート1」または「ソート2」を選択します。


→現象発生:
 「昇順」と「降順」が逆になります。

補足:


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事