001-009300

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

暗号化通信にTLSを使用するメールサーバーを利用している場合、自動転送の条件を満たすメールを1度に2件以上受信しても1件しか転送されず、かつ転送したメールが送信箱に残らない。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
改修バージョン
4.2.1
公開日
2016-01-14
更新日
2016-02-26

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2
    • ユーザー3

  • 暗号化通信にTLSを使用したメールサーバーを追加します。

    例:
    メールサーバー1

  • メールアカウントを追加します。

    例:
    • ユーザー1
      ------------------------
      E-mail:user1@xxxxx.co.jp
      ------------------------
    • ユーザー2
      ------------------------
      E-mail:user2@xxxxx.co.jp
      ------------------------
    • ユーザー3
      ------------------------
      E-mail:user3@xxxxx.co.jp
      ------------------------

  • ユーザー1で、メールの自動転送の設定を追加します。

    例:
    ------------------------
    転送設定名:転送1
    転送条件:以下のすべての条件を満たす
         Toが次を含む:user1@xxxxx.co.jp
    転送先:user2@xxxxx.co.jp
    ------------------------

  • ユーザー3で、ユーザー1宛にメールを2件以上送信します。

    例:
    • メール1
    • メール2

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信]の順にクリックします。

    補足:
    • 準備で送信したメール1とメール2が受信されます。

  2. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信]の順にクリックします。

 

→現象発生:

 メール1しか転送されていません。

 例:
 ------------------------
 Fwd: メール1
 ------------------------

 

 補足:

  • ユーザー1の送信箱に、転送したメールが残りません。

    例:
    ------------------------
    Fwd: メール1
    ------------------------

  • ログの出力設定を行っている場合、手順1を実施すると、(システム管理画面)「ロギング > ログ一覧」画面に次のエラーが出力されます。

    例:
     ------------------------
    カテゴリ:メール
    深刻度:エラー
    内容:[16984] GRN_MAIL_24151
     ------------------------

  • 手順1を実施すると、XXXX-XX-XX.background_job.logに「Error: GRN_MAIL_24151」が出力されます。

    例:
    ------------------------
    [Oct 01 2015 00:00:00 (GMT)]Failed execute process.
    Error: GRN_MAIL_24151

    送信メールサーバーとの接続に失敗しました。

    Cause:
    メールサーバーからの応答: ""221 - [221 2.0.0 Bye]
    -1 - [サーバーがエラー応答を返しました。]
    220 - [220 メールサーバー1 ESMTP Postfix]
    -1 - [サーバーがエラー応答を返しました。]
    ""

    Counter Measure:
    システム管理者およびアプリケーションの運用管理者にご相談ください。
    ------------------------

    ※XXXX-XX-XX.background_job.logは、次のディレクトリーに出力されます。
     
     /(CGI実行ディレクトリ)/(インストール識別子)/logs/background_job/XXXX-XX-XX.background_job.log

 

→正しい結果:

 メール1、メール2が転送され、かつユーザー1の送信箱に転送したメールが残ります。


【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.1のガルーン

関連記事