016-009372

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ファイルを添付したメールを一斉配信したあと、過去データを退避すると、アドレス帳やテンプレートで、添付ファイルが削除される場合がある。

種別
不具合
機能
  • 添付ファイル
  • 一斉配信
  • 過去データの退避
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
改修バージョン
5.3.2
公開日
2015-12-24
更新日
2016-04-08

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • ファイルを設定した会社や顧客、または、テンプレートが存在する。

  • ファイルを添付して一斉配信した配信データが存在する。

  • ファイルを添付して一斉配信した配信データが、退避されないような条件で、過去データの退避を実行する。

【準備】

  • メールスペースを追加します。

    例:
    メールスペース1

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1で、メールスペース1の個人設定の「表示の設定」画面で、次の設定を行います。

    例:
    -------
    画像ファイル:「本文と一緒に表示する」のチェックボックスの選択を外す
    -------

  • メールスペース1のアドレス帳で、顧客を登録します。

    例:
    -------
    名前:顧客1
    ファイル:file1.jpg
    -------

  • メールスペース1で、テンプレートを追加します。

    例:
    --------
    名前:テンプレート1
    件名:件名1
    内容:内容1
    ファイル:file2.txt
    --------

  • メールスペース1で、ファイルを添付したメールを一斉配信します。

    例:
    -------
    件名:メール1
    本文:本文1
    ファイル:file3.txt
    -------

  • ファイルを添付して一斉配信した配信データが、退避されないような条件で、メールスペース1の過去データの退避を実行します。

    例:
    メールを一斉配信した日付が、「2015年12月2日」の場合:
    -------
    メールスペース:「メールスペース1」
    日付:「2015年」「12月」「1日」以前
    -------

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインし、[メールスペース1] > [アドレス帳] > [顧客1]の順にクリックします。

  2. [file1.jpg]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、添付ファイルを表示できません。
 -------
 エラー番号:10302
 ファイルが見つかりません。
 -------

補足:

  • メールスペース1の個人設定の「表示の設定」画面で、「本文と一緒に表示する」のチェックボックスを選択した場合、「顧客の詳細」画面で、画像の表示が不正になり、画像が表示されません。

  • 会社にファイルを設定した場合、「会社の詳細」画面でも、同様の現象が発生します。

  • 「テンプレートの詳細」画面で、[file2.txt]、[変更する]または[再利用作成]をクリックした場合も同様の現象が発生します。

【回避方法】


次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 5.3.2のメールワイズ

関連記事