001-009421

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「宛先」欄からユーザーを削除しても、「許可されたユーザー」に指定されたユーザーの一覧からは削除されない場合がある。

種別
不具合
機能
  • スペース
  • メッセージ
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
改修バージョン
4.2.3
公開日
2016-06-03
更新日
2016-08-26

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • メッセージの宛先に、組織に所属したユーザーを含む。

  • 「メッセージの宛先変更」画面で、「宛先」欄に追加されているユーザーを、組織の一覧から再度追加する。

 

【準備】

  • 組織を追加します。

    例:
    組織1

  • 組織1にユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1でメッセージを送信します。

    例:
    ------------------------
    標題:メッセージ1
    宛先:ユーザー1
    変更/削除の許可:許可するユーザーを設定する
    許可するユーザー:ユーザー1
    ------------------------

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [送信箱] > [メッセージ1] > [宛先を変更する]の順にクリックします。

  2. [許可するユーザーを設定する▼]をクリックします。

  3. 「宛先」欄の右側のボックスから「ユーザー1」を選択し、[←追加]をクリックします。

    補足:
    • 「許可するユーザー」欄の左側のボックスに「ユーザー1」が追加されている状態で操作を行います。

  4. 「宛先」欄の左側のボックスから「ユーザー1」を選択し、[削除→]をクリックします。

→現象発生:

 「許可するユーザー」の左側のボックスから「ユーザー1」が削除されません。

 

補足:

  • バージョン 4.0.0以降のガルーンの場合、スペースの次の画面でも同様の現象が発生します。
    • 「スペースの変更」画面
    • 「メンバーの変更」画面

  • 手順3で、検索結果から「ユーザー1」を選択した場合は、本現象は発生しません。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.3のガルーン




-----------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/08/04 タイトルを更新しました。

関連記事