014-009485

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「本文の自動改行」を設定すると、返信メールの署名が引用文の前に挿入されない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール受信
  • メール送信
再現バージョン
  • 10.4.0
  • 10.5.0
  • 10.6.0
  • 10.6.1
  • 10.7.0
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
  • 10.8.3
  • 10.8.4
  • 10.8.5
改修バージョン
公開日
2017-06-09
更新日
2017-06-09

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • メールで本文の自動改行を設定する。

  • 署名を「引用文の前に挿入する」設定にする。

  • 1行に、「本文の自動改行」の「改行幅」に設定した値以上の文字数が入力されたメールを返信する。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 署名の設定」画面で、署名を追加します。

    例:
    署名1

  • ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 一般設定」画面で、次の設定を行います。

    例:
    -------
    本文の自動改行:「メールの本文を自動改行する」のチェックボックスを選択する
    改行幅:「70」(半角入力での文字数)
    署名の位置:「引用文の前に挿入する」を選択する
    -------

  • ユーザー1で、1行に半角70文字以上、または全角35文字以上の文字列が入力されたメールを受信します。

    例:
    メール1

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインし、[メール] > [メール1] > [返信]の順にクリックします。

  2. 署名のドロップダウンリストで「署名1」を選択し、[送信する]をクリックします。

  3. [送信箱] > [Re: メール1]の順にクリックします。

→現象発生:
 署名が引用文の前に挿入されません。

補足:

  • 「送信前に確認画面を表示する」設定にした場合、「メールの送信確認」画面では、署名が引用文の前に挿入されます。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事