001-009490

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「日付」項目が空欄の申請を下書きとして保存したあと、その下書きを編集しようとすると、エラー(FW00030)が発生する場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
改修バージョン
4.2.3
公開日
2016-07-19
更新日
2016-08-26

【発生条件】


次の条件をすべて満たすと発生する場合があります。

  • 日付項目の「年」欄、「月」欄、「日」欄のいずれか1つまたは2つが空欄である。

  • サーバーマシンの日付が29日、30日、31日のいずれかである場合に、下書き保存した申請で[下書きを編集する]をクリックする。

    補足:
    • 本現象は、サーバーマシンの日付が申請の日付項目に代入された際に、存在しない不正な日付になることで発生します。
      下書き保存した申請で[下書きを編集する]をクリックした際、日付項目の空欄部分にサーバーマシンの日付が代入されるのは、仕様動作です。

      例:
      サーバーマシンの日付が「2016年5月31日」の場合、日付項目に「2016年6月--日」、または「----年6月--日」と指定して下書きとして保存し、[下書きを編集する]をクリックすると、「2016年6月31日」という存在しない不正な日付になります。

※本記事は「2016年5月31日」に操作した場合を例に手順を記載します。


【準備】

  • ワークフローに、カテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に、申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に、「日付」項目を追加します。
    ------------------------
    タイプ:日付
    項目名:項目1
    ------------------------

  • 申請フォーム1を有効にします。

  • 申請フォーム1で、項目1に「発生条件」を満たす日付を入力します。

    例:
    ------------------------
    標題:標題1
    項目1:----年6月--日
    ------------------------

  • 標題1を下書きとして保存します。

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [下書き] > [標題1] > [下書きを編集する]の順にクリックします。

    補足:
    • 手順1を「2016年5月31日」に操作します。

 

→現象発生:
 次のエラーが発生し、「下書きの編集」画面が表示されません。
 ------------------------
 エラー (FW00030)
 不正な日付です。

 原因
 正常な日付を入力してください。
 ------------------------

 

補足:

  • 再利用して申請する場合にも、同様の現象が発生します。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.3のガルーン



-----------------------------------------------------------
【更新履歴】

2016/08/05 タイトルを更新しました。

関連記事