001-009496

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux版の現象]スケジューリングサービスの起動中にMySQLを再起動すると、それ以降に予定されているスケジューリングサービスのタスクが実行されない場合がある。

種別
不具合
機能
  • ベース
再現バージョン
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
改修バージョン
4.2.3
公開日
2016-06-08
更新日
2016-08-19

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • メールの自動受信と、自動受信の指定時間を設定します。

    例:
    ------------------------
    メールの自動受信:設定する
    自動受信の指定時間:00時00分
    ------------------------

    補足:
    • (システム管理画面)「メール > 一般設定」画面で設定します。

  • スケジューリングサービスが起動していることを確認します。

    例:
    /etc/init.d/cyss_cbgrn status

  • ユーザー1でメールを送信します。

    例:
    ------------------------
    宛先:ユーザー1
    標題:メール1
    ------------------------

 

【再現手順】

  1. MySQLサービスを再起動します。

    例:
    /etc/init.d/cyde_5_0 restart

    補足:
    • スケジューリングサービスを起動したまま行います。

  2. 準備で設定した「自動受信の指定時間」の時刻に、自動受信が実行されるのを待ちます。

  3. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信箱]の順にクリックします。

→現象発生:

 メール1が受信されていません。

 

補足:

  • 本現象は、スケジューリングサービスで実行されるすべてのタスクで発生する可能性があります。

  • 現象発生後、スケジューリングサービスを停止できません。

【対応方法】
次の操作を行います。

  1. スケジューリングサービスのプロセスを強制終了します。

  2. スケジューリングサービスが停止したことを確認します。

    例:
    /etc/init.d/cyss_cbgrn status

  3. スケジューリングサービスを起動します。

    例:
    /etc/init.d/cyss_cbgrn start


-----------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/08/05 タイトルを更新しました。

関連記事