001-009501

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

LDAPの認証方式に「SASL DIGEST-MD5」または「SASL CRAM-MD5」を設定している場合、ガルーンにログインできない。

種別
不具合
機能
  • 認証
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2016-11-24
更新日
2016-11-24

【準備】

  • ガルーンに認証方式が「SASL DIGEST-MD5」または「SASL CRAM-MD5」のLDAP認証を設定します。

    1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [認証] > [認証データベース] > [認証データベースを追加する]の順にクリックします。

    2. LDAPを選択し、[次へ >> ]をクリックします。

    3. 認証データベースの内容を入力し、[追加する]をクリックします。

      例:
      -------
      表示名:LDAP1
      認証方式:SASL DIGEST-MD5
      -------

      補足:
      • 「認証方式」に「SASL DIGEST-MD5」または「SASL CRAM-MD5」を選択します。

    4. [基本システムの管理] > [認証] > [ログイン認証] > [標準認証] > [変更する]の順にクリックします。

    5. 認証データベースに「LDAP1」を選択し、[変更する]をクリックします。

【再現手順】

  1. アプリケーション画面のログインURLにアクセスします。

    例:
    Windowsの場合:
    http://(インストールしたサーバーのIP アドレスまたはホスト名)/scripts/cbgrn/grn.exe

    Linuxの場合:
    http://(インストールしたサーバーのIP アドレスまたはホスト名)/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi

  2. ログイン名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。


→現象発生:
 バージョン 3.1.3以前のガルーンの場合:
 空白の画面が表示され、ガルーンにログインできません。

 バージョン 3.5.0以降のガルーンの場合:
 次のエラーが発生し、ガルーンにログインできません。
 -------
 エラー(FW00007)
 ログインできません。

 原因
 パスワードまたはログイン名に誤りがあります。
 -------


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事