001-009508

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

シングルサインオンの登録者または更新者が削除されたあと、個人設定の「シングルサインオンの詳細」画面を表示しようとすると、Fatal errorが発生する。

種別
不具合
機能
  • 個人設定
  • シングルサインオン
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
改修バージョン
4.2.3
公開日
2016-06-08
更新日
2016-08-19

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • シングルサインオンの登録者または更新者を削除する。


【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1(システム管理者)
    • ユーザー2(システム管理者)
    • ユーザー3

  • ユーザー1で、シングルサインオンを追加します。

    例:
    ------------------------
    表示名:シングルサインオン1
    オプション:「個人設定を許可する」を選択する
    ------------------------

  • ユーザー2で、ユーザー1を削除します。

【再現手順】

  1. ユーザー3でアプリケーション画面にログインし、[個人設定] > [共通設定] > [シングルサインオン] > [シングルサインオンの設定] > [シングルサインオン1]の順にクリックします。


→現象発生:
 次のエラーが発生し、「シングルサインオンの詳細」画面が表示できません。

 バージョン 3.0.0~3.0.3ガルーンの場合:
 ------------------------
 Fatal error: Call to a member function on a non-object in /var/www/cgi-bin/cbgrn/code/doc_root/personal/sso/sso_method_view.csp on line 68
 ------------------------


 バージョン 3.1.0以降ガルーンの場合:
 ------------------------
 Fatal error: Call to a member function getOID() on a non-object in /var/www/cgi-bin/cbgrn/code/doc_root/personal/sso/sso_method_view.csp on line 68
 ------------------------


【回避方法】

 
登録者が削除されたシングルサインオンの場合:

  • シングルサインオンを追加します。


登録者と更新者が別で、更新者が削除されたシングルサインオンの場合:

  • シングルサインオン1の「シングルサインオンの変更」画面で、何も変更せずに[変更する]をクリックします。

    1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [シングルサインオン] > [シングルサインオンの設定]の順にクリックします。

    2. [シングルサインオン1] > [変更する]の順にクリックします。

    3. 何も変更せずに[変更する]をクリックします。

【対応方法】

「回避方法」と同じ手順です。

 

 

-----------------------------------------------------------
【更新履歴】

2016/08/05 タイトルを更新しました。

関連記事