001-009515

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

削除されたフォルダーがごみ箱に保存されていると、そのフォルダーが、システム管理の「ポートレットの設定(ファイル管理)」画面の「フォルダ」欄に表示される。

種別
不具合
機能
  • ポートレット
  • ファイル管理
  • システム設定
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
改修バージョン
4.2.3
公開日
2016-06-28
更新日
2016-08-26

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • ファイル管理で、完全に削除していない削除済みのフォルダがある。

    補足:
    • (システム管理画面)「ファイル管理 > フォルダの設定 > フォルダの詳細」画面で[削除する] > [はい]の順にクリックしたあと、[完全に削除する] > [はい]の順にクリックしていない状態を指します。

  • システム管理画面で追加したポータルに、「ファイル管理」ポートレットを配置する。

【準備】

  • システム管理画面で、ポータルを追加します。

    例:
    ポータル1

  • ポータル1に、「ファイル管理」ポートレットを配置します。

  • ファイル管理で、フォルダを追加します。

    例:
    ---------------
    ルート
     └フォルダ1
    ---------------

  • フォルダ1を削除します。

    補足:
    • (システム管理画面)「ファイル管理 > フォルダの設定」画面で、フォルダ1の右に「削除済み」と表示されていることを確認します。


【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [ポータル] > [ポータルの一覧] > [ポータル1]の順にクリックします。

  2. 「ファイル管理」ポートレットの[設定]をクリックします。

→現象発生:
 「フォルダ欄」にフォルダ1が表示されます。

 

補足:

  • 「フォルダ」欄の[フォルダ1]をクリックしても、ルートフォルダが選択されたままになり、フォルダ1を選択できません。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.3のガルーン




-----------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/08/05 タイトルを更新しました。

関連記事