001-009521

パッケージ版 Garoon

0人の方が関心を示しています。

common.iniの[FTS]セクションで、enable_ftsの値が「2」に設定されている場合、メール画面を3ペイン(プレビュー表示)で表示すると、ヘッダーに全文検索の検索ボックスが表示される。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
改修バージョン
4.2.4
公開日
2016-06-13
更新日
2016-11-25

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • common.iniの[FTS]セクションでenable_ftsの値を2に設定する。

  • メールの画面を3ペイン(プレビュー表示)で表示する。

【準備】

  • common.iniを開き、[FTS]セクションでenable_ftsの値を2に設定します。

    例:
    ----------
    enable_fts = "2"
    ----------

    補足:
    • common.iniは次の場所に配置されています。
      (CGI 実行可能ディレクトリ)/(インストール識別子)/common.ini

      例:
      Windowsの場合:
      C:\Inetpub\scripts\cbgrn\common.ini

      Linuxの場合:
      /var/www/cgi-bin/cbgrn/common.ini

    • enable_ftsの値を2に設定すると、全文検索の検索ボックスを非表示にし、インデックスの作成は継続します。

  • メールで、プレビューを表示する設定にします。

    補足:
    • アプリケーション画面の「メール > 受信箱」画面で、[オプション] > [プレビューを表示する]をクリックして設定します。

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[メール]をクリックします。

→現象発生:

 ヘッダーに全文検索の検索ボックスが表示されます。

 

補足:

  • 表示された全文検索の検索ボックスでは検索できません。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.4のガルーン

 

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/11/10 タイトルを更新しました。

関連記事