014-009539

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールを一度も受信したことがないユーザーが存在すると、メールデータを退避できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール受信
  • メール送信
再現バージョン
  • 10.0.0
  • 10.0.1
  • 10.0.2
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
  • 10.3.0
  • 10.4.0
  • 10.5.0
  • 10.6.0
  • 10.6.1
  • 10.7.0
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
  • 10.8.3
  • 10.8.4
  • 10.8.5
改修バージョン
公開日
2017-12-14
更新日
2017-12-14

【発生条件】

 

次の条件を満たす場合に発生する場合があります。

  • メールを受信したことがないユーザーが存在する。

  • メールを受信したことがないユーザーよりも、ユーザーID(uid)が大きいユーザーである。

    補足:
    • ユーザーID(uid)とは、ユーザーを識別するために割り当てられた数字です。

    • ユーザーID(uid)は、ユーザー名簿の「ユーザー情報の詳細」画面で確認できます。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1(uid=1)
    • ユーザー2(uid=2)

    補足:
    • ユーザー1は、メールを受信したことがないユーザーとします。

  • ユーザー1でログインします。

  • ユーザー2でメールを受信します。

【再現手順】

  1. サイボウズ Officeをインストールしているサーバーマシンに、次のユーザーでログインします。

    Windowsの場合:
    サーバーのAdministrator権限を持つユーザー

    Linuxの場合:
    サーバーのroot権限を持つユーザー

  2. コマンドプロンプトを起動します。

  3. インストールディレクトリに移動します。

    例:
    Windowsの場合:
    cd C:\inetpub\scripts\cbag

    Linuxの場合:
    cd /usr/local/apache2/cgi-bin/cbag

  4. 次のコマンドを実行します。

    例:
    準備でメールを受信した日付が、「2016年11月1日」の場合:

    Windowsの場合:
    ag.exe -x mailsave -path (保存フォルダの絶対パス) -date 2016/11/2

    Linuxの場合:
    ./ag.cgi -x mailsave -path (保存フォルダの絶対パス) -date 2016/11/2

→現象発生:
 準備で受信したメールデータを退避できません。


【回避方法】

 

メールを受信したことがないユーザーで、「検索結果(メール)」画面にアクセスしたあと、メールデータを退避します。

  1. [メール]をクリックします。

  2. 検索ボックスに文字列を入力し、[メール検索]をクリックします。

    補足:
  3. メールデータを退避します。

【対応方法】

 

「回避方法」と同じ手順です。

関連記事