014-009540

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ソート条件に「更新日時」を含む、かつ「レコード登録者のアクセス権」が設定されているアプリで、データを再ルックアップすると、レコードの更新や再ルックアップができなくなる。

種別
不具合
機能
  • アクセス権
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 9.2.0
  • 9.2.1
  • 9.3.0
  • 9.3.1
  • 9.3.2
  • 9.3.3
  • 10.0.0
  • 10.0.1
  • 10.0.2
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
  • 10.3.0
  • 10.4.0
  • 10.5.0
改修バージョン
10.6.0
公開日
2016-07-11
更新日
2016-10-07

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 「レコード登録者のアクセス権」を設定している。

  • ソート条件に「更新日時」を設定している。

 

【準備】

  • カスタムアプリで、アプリを追加します。

    例:
    • アプリ1
    • アプリ2

  • アプリ1に、項目を追加します。

    例:
    • 項目名:項目1
      入力タイプ:文字列(1行)
    • 項目名:項目2
      入力タイプ:文字列(1行)

  • アプリ2に、項目を追加します。

    例:
    • 項目名:項目3
      入力タイプ:文字列(1行)
    • 項目名:項目4
      入力タイプ:文字列(1行)

  • アプリ1の「レコード登録者のアクセス権」を設定します。

    例:
    -------
    レコード登録者のアクセス権:「閲覧」のチェックボックスを選択する
    -------

    補足:
    • 「閲覧」「編集」「削除」のいずれか1つ以上またはすべてを許可します。

  • アプリ1に、ソート条件に「更新日時」を設定したソートを追加します。

    例:
    -------
    ソート名:ソート1
    ソート条件1:「更新日時」「降順」
    -------

  • アプリ1に、リレーションを追加します。

    例:
    -------
    リレーション名:リレーション1
    関連づけるアプリ:アプリ2
    キーになる項目:項目1[type=文字列(1行)]⇔項目3[type=文字列(1行)]
    関連づける項目:項目2[type=文字列(1行)]⇔項目4[type=文字列(1行)]
    -------

  • アプリ1に、レコードを登録します。

    例:
    レコード1

【再現手順】

  1. [カスタムアプリ] > [アプリ1] > [その他の操作] > [データを再ルックアップする] > [再ルックアップする]の順にクリックします。

  2. [カスタムアプリ] > [アプリ1]の順にクリックします。

  3. レコード1の「レコードを編集する」アイコンをクリックします。

  4. [更新する]の順にクリックします。

→現象発生:

 次のエラーが発生し、レコードを更新できません。
 -------
 エラー番号:101
 失敗しました。
 -------

補足:

  • 手順1で再ルックアップしたあと、再度再ルックアップした場合も、同様の現象が発生します。

【回避方法】

 

次のいずれかの操作で回避できます。

  • 「レコード登録者のアクセス権」を初期化します。

  • ソートを削除します。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
    • バージョン 10.6.0のサイボウズ Office

【対応方法】

 

「回避方法」と同じ手順です。