001-009554

パッケージ版 Garoon

0人の方が関心を示しています。

タイムゾーンに「(UTC+00:00) UTC」を適用しているシステム管理者が、「メールの自動受信」に複数の指定時間を設定すると、すべての指定時間が、最後に追加した指定時間の時刻で表示される。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
改修バージョン
4.2.4
公開日
2016-06-13
更新日
2016-11-25

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • ユーザーのタイムゾーンを「(UTC+00:00) UTC」に設定する。

  • 「メールの自動受信」に複数の指定時間を設定する。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1(システム管理権限あり)

  • ユーザー1のタイムゾーンを「(UTC+00:00) UTC」に設定します。

    補足:
    • (個人設定画面)「ローカライズ > ロケールの設定」画面で設定します。

【再現手順】

  1. ユーザー1でシステム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [メール] > [一般設定]の順にクリックします。

  2. 「メールの自動受信」欄で「設定する」を選択し、「自動受信の指定時間」欄で時刻を設定します。

    例:
    0時00分

  3. 「自動受信の指定時間」欄で[時間を追加する]をクリックし、再度、時刻を設定します。

    例:
    15時15分

    補足:
    • 手順2とは異なる時刻を設定します。

  4. [設定する]をクリックします。

  5. 再度、[各アプリケーションの管理] > [メール] > [一般設定]の順にクリックします。

→現象発生:
 「自動受信の指定時間」欄に手順2で設定した時刻が反映されず、すべて手順3で設定した時刻で表示されます。

 例:
 ---------------
 15時15分 UTC : (15 : 15)
 15時15分 UTC : (15 : 15)
 ---------------

 

補足:

  • メールの自動受信は、設定した指定時間どおりにすべて実行されます。

  • 手順4に対応するログ(ロギングで出力されるもの)にも同様に、手順3で設定した時刻が表示されます。

  • 手順3でさらに時刻を追加した場合も、同様の現象が発生します。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.4のガルーン

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/11/10 タイトルを更新しました。

2016/10/26 補足を追記しました。

関連記事