016-009564

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

送信メールをインポートする際、BCCの内容がインポートされない。

種別
不具合
機能
  • メールインポート
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
改修バージョン
5.4.0
公開日
2016-07-12
更新日
2016-08-12
【発生条件】
次の条件を満たす場合に発生します。
  • BCCを含む送信メールをインポートする。

【準備】

  • BCCを含む送信メールのメールソースを作成します。

    例:
    mail_source1.eml
    -------
    Date: Sun, 01 May 2016 11:00:00 +0900
    Subject: メール1
    From: user1@cybozu.co.jp
    To: user2@cybozu.co.jp
    Bcc: user3@cybozu.co.jp
    -------

【再現手順】

  1. [システム設定] > [メールのインポート] > [インポートの実行ファイルを作成する]の順にクリックします。

  2. mail_source1.emlを、次のディレクトリ以下に配置します。

    例:
    Windowsの場合:
    -------
    (データディレクトリー)\mw\import\ms
    -------

    Linuxの場合:
    -------
    (データディレクトリー)/mw/import/ms
    -------

  3. コマンドラインを開きます。

  4. データディレクトリーに移動します。

    例:
    Windowsの場合:
    cd C:\cybozu\mailwise\cbmw

    Linuxの場合:
    cd /cybozu/mailwise/cbmw

    補足:
    • お使いの環境によって、パスは異なります。

  5. メールのインポートコマンドを実行します。

    例:
    mwimport.bat

  6. メールアプリケーション画面を開き、[メール1]をクリックします。


→現象発生:
 BCCの内容がインポートされません。


【回避方法】
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 5.4.0のメールワイズ

関連記事