016-009567

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Internet Explorer 11の現象]「書式編集」を選択して入力欄の2行目以降をクリックすると、カーソルが消えて文字を入力できなくなる。

種別
不具合
機能
  • メール作成
  • テンプレート
  • 一斉配信
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
改修バージョン
5.4.0
公開日
2016-07-12
更新日
2016-08-12
【発生条件】
次の条件を満たす場合に発生します。
  • 文字列が入力されていないテキスト入力欄で「書式編集」を選択する。

【再現手順】

  1. メールアプリケーション画面を開き、[メール作成]をクリックします。

  2. 本文のテキスト入力欄で「書式編集」を選択します。

  3. 本文のテキスト入力欄の2行目以降をクリックします。

  4. 文字列を入力します。


→現象発生:
 文字列を入力できなくなります。

補足:

  • すべてのアプリケーションの書式編集可能なテキスト入力欄で、同様の現象が発生する可能性があります。

【回避方法】
次のどちらかの方法で回避できます。
  • 本文のテキスト入力欄で「書式編集」を選択したあと、本文入力欄の1行目にあたる場所をクリックします。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
    • バージョン 5.4.0のメールワイズ


【対応方法】
「回避方法」と同じ手順です。

関連記事