016-009631

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールアプリケーションを移動する際、移動先のメールスペースに顧客ID(cid)が同じ顧客が存在すると、「メールの詳細」画面でメールと顧客の紐付けが不正になる場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール作成
  • アドレス帳
再現バージョン
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
改修バージョン
5.4.0
公開日
2016-07-12
更新日
2016-08-24
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • 移動元のメールスペースで、顧客から受信したメールを返信する。

  • 移動先のメールスペースに、メールを返信した顧客と同じcidの顧客が存在する。

    補足:
    • 顧客ID(cid)とは、顧客を識別するために割り当てられた数字です。

    • 顧客IDは、次の画面のURLで確認できます。
      「スペース1 > アドレス帳 > 顧客の詳細」画面

  • 「メールに紐づいたアドレスデータを移動先のメールスペース用のデータに変換する。」のチェックボックスを選択して、メールアプリケーションの移動を行う。

【準備】

  • メールスペースを追加します。

    例:
    • メールスペース1
    • メールスペース2

  • メールスペース1に、メールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

  • メールスペース1のアドレス帳に顧客を登録します。

    例:
    -------
    名前:顧客1(cid=1)
    メールアドレス:user1@cybozu.co.jp
    -------

  • メールスペース2のアドレス帳に顧客を登録します。

    例:
    -------
    名前:顧客2(cid=1)
    -------

    補足:
    • 顧客1と顧客2の顧客ID(cid)が同じであることを確認します。

  • メールアプリケーション1で、顧客1からのメールを受信します。

    例:
    -------
    差出人:顧客1
    件名:メール1
    -------

  • メール1に返信します。

    例:
    -------
    件名:Re:メール1
    -------

【再現手順】

  1. [システム設定] > [全般] > [メールアプリケーションの移動]の順にクリックします。

  2. メールアプリケーション1を移動元に指定し、[移動処理の実行ファイルを作成する]をクリックします。

    例:
    -------
    移動元のメールアプリケーション:メールスペース1、メールアプリケーション1
    移動先のメールスペース:メールスペース2
    アドレスデータの登録:「メールに紐付いたアドレスデータを、移動先のメールスペース用のデータに変換する。」のチェックボックスを選択する
    -------

  3. コマンドラインを開きます。

  4. データディレクトリーに移動します。

    例:
    Windowsの場合:
    cd C:\cybozu\mailwise\cbmw

    Linuxの場合:
    cd /cybozu/mailwise/cbmw

    補足:
    • お使いの環境によって、パスは異なります。

  5. メールアプリケーションの移動コマンドを実行します。

    例:
    mwmovemail.bat

  6. メールワイズにログインし、[メールスペース] > [メールスペース2]の順にクリックします。

  7. メールアプリケーション画面で、[送信メール] > [Re:メール1]の順にクリックします。

→現象発生:
 「顧客情報」欄に「顧客2」が表示されます。

補足:

  • 「顧客の履歴一覧」画面で[Re:メール1]をクリックし、「メールの詳細」画面を表示した場合も、同様の現象が発生します。

  • メールスペース2の(運用管理画面)「表示の設定 > 表示の変更」画面で、「アドレス帳の名前で表示する」を有効にした場合、メールの一覧画面の宛先欄でもメールと顧客の紐付けが不正になります。

【回避方法】
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 5.4.0のメールワイズ

補足:

  • バージョン 5.3.2以前のメールワイズで本現象が発生している場合、
    バージョン 5.4.0のメールワイズにバージョンアップしても、現象は改善されません。
    「対応方法」の手順を行ってください。

【対応方法】
次のどちらかの操作を行います。

  • 「RelinkCustomerコマンド」を実行し、メール1と顧客情報の紐付けを再実施します。

    【サイボウズ メールワイズ 5】よくあるご質問:
    メールの履歴データの再構築コマンド(RelinkCustomerコマンド)の実行手順を教えてください
    https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/mailwise5/Detail.aspx?id=1922

  • 次の操作で、メール1の顧客情報を変更します。
    1. [メールスペース] > [メールスペース2]の順にクリックします。

    2. メールアプリケーション画面で、[送信メール] > [Re:メール1]の順にクリックします。

    3. [その他の操作] > [顧客を変更する]の順にクリックします。

    4. 顧客を選択します。

      例:
      顧客1

    5. [はい]をクリックします。