001-009657

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

システム管理画面でタイムカードの時刻を修正すると、修正した行のIPアドレスが、別のIPアドレスで上書きされる。

種別
不具合
機能
  • タイムカード
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
改修バージョン
4.2.6
公開日
2017-01-26
更新日
2017-05-26

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1(システム管理権限あり)
    • ユーザー2

  • ガルーンにアクセスできるクライアントマシンを2つ用意します。

    例:
    • マシン1(IPアドレス1)
    • マシン2(IPアドレス2)

  • マシン2を使用して、ユーザー2でアプリケーション画面にログインします。

【再現手順】

  1. マシン1を使用して、ユーザー1でシステム管理画面にログインします。

  2. [各アプリケーションの管理] > [タイムカード] > [タイムカード一覧]の順にクリックします。

  3. ユーザー2の「タイムカード」欄の[12]をクリックし、「IPアドレスを表示」のチェックボックスを選択します。

    例:
    ----------
    日付:12/01(木)
    出社:09:00(IPアドレス2)
    ----------

    補足:
    • この時点では「IPアドレス2」が表示されています。

  4. 「01(木)」の「備考および修正」欄のアイコンをクリックします。

  5. [修正する]をクリックします。

  6. 「IPアドレスを表示」のチェックボックスを選択し、IPアドレスを確認します。

→現象発生:

 マシン1のIPアドレスで上書きされます。

 例:
 ----------
 日付:12/01(木)
 出社:09:00(IPアドレス1)
 ----------

 

→正しい結果:

 IPアドレスは上書きされません。

 例:
 ----------
 日付:12/01(木)
 出社:09:00(IPアドレス2)
 ----------

補足:

  • 「退社」「外出」「復帰」欄でも、同様の現象が発生します。

  • タイムカードの管理権限を持つユーザーでも、同様の現象が発生します。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.6のガルーン

 

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2017/04/25 タイトルを更新しました。

関連記事