001-009661

パッケージ版 Garoon

0人の方が関心を示しています。

送信前の確認画面を表示しない設定にしていると、メールを返信しても、ヘッダーに「In-Reply-To」フィールドが設定されない。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
改修バージョン
4.2.4
公開日
2016-08-19
更新日
2016-11-25

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • 個人設定で、メールの送信前に確認画面を表示しない設定にする。


【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1、ユーザー2に、メールアカウントを設定します。

    例:
    • ユーザー1:user1@xxxxx.co.jp
    • ユーザー2:user2@xxxxx.co.jp

  • ユーザー2の(個人設定画面)「メール > 一般設定」画面で、「送信前に確認画面を表示する」のチェックボックスの選択を外します。

  • ユーザー1で、ユーザー2にメールを送信します。

    例:
    ---------------
    標題:メール1
    ---------------

  • ユーザー2で、メール1を受信します。

【再現手順】

  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信箱] > [メール1]の順にクリックします。

  2. [返信する] > [送信する]の順にクリックします。

  3. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信]の順にクリックしてメールを受信します。

  4. [受信箱] > [Re:メール1]の順にクリックします。

  5. [オプション] > [ソースの表示]の順にクリックし、メールソースを確認します。

 

→現象発生:
 ヘッダーに「In-Reply-To」フィールドが設定されません。

 例:
 ---------------
 References: <0_12345678_0123456789.1234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
 X-Mailer: xxxxxxxxxx
 ---------------

→正しい結果:
 ヘッダーに「In-Reply-To」フィールドが設定されます。

 例:
 ---------------
 References: <0_12345678_0123456789.1234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
 In-Reply-To: <0_12345678_0123456789.1234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
 X-Mailer: xxxxxxxxxx
 ---------------

補足:

  • 「In-Reply-To」は、どのメールに対する返信なのかを示すヘッダーです。返信元メールのMessage-IDが記載されます。

  • 手順2で「全員に返信する」を利用する場合も、同様の現象が発生します。

  • 返信、または全員に返信する際、送信前に一度下書き保存した場合も、同様の現象が発生します。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.4のガルーン

 

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/11/09 タイトルを更新しました。

関連記事