001-009693

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

申請フォームの「項目の追加」画面で、「説明」欄で書式編集を選択した状態でバリデーションエラーが発生すると、「説明」欄にHTMLタグが表示される。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
  • システム設定
  • 書式編集
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
改修バージョン
4.6.1
公開日
2017-04-18
更新日
2017-11-24

【準備】

  • ワークフローに、カテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に、申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [ワークフロー] > [申請フォームの一覧] > [カテゴリ1] > [申請フォーム1] > [項目を追加する]の順にクリックします。

  2. 「項目名」欄を空欄のままにします。

  3. 「説明」欄で、「書式編集」を選択し、内容を入力します。

    例:
    サンプルテキスト(太字)

  4. [追加する]をクリックします。

    補足:
    • 次のバリデーションエラーが発生します。
      ----------------------
      項目名は必須です
      ----------------------

→現象発生:
 「説明」欄で、「テキスト」が選択され、HTMLタグが表示されます。

 例:
 <div><strong>サンプルテキスト</strong></div>

 

補足:

  • 手順2で、「項目名」欄以外の必須項目を空欄にした場合も、同様の現象が発生します。

  • 次の画面でも同様の現象が発生します。
    • (システム管理画面)「ワークフロー > 申請フォームの一覧 > 申請フォームの詳細 > 項目の詳細 > 項目の変更」画面

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.6.1のGaroon