014-009783

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

Unicodeで改行として扱われる文字を含む署名を追加し、「メールの送信」画面で[送信する]をクリックすると、JavaScriptエラーが発生する。

種別
不具合
機能
  • メール送信
再現バージョン
  • 10.2.0
  • 10.3.0
  • 10.4.0
  • 10.5.0
  • 10.6.0
  • 10.6.1
  • 10.7.0
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
  • 10.8.3
  • 10.8.4
  • 10.8.5
改修バージョン
公開日
2018-03-26
更新日
2018-03-26

【発生条件】

 

次の条件を満たす場合に発生します。

  • Unicodeで改行として扱われる文字を含む署名を追加する。

 

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1の(個人設定)「メール > 署名の設定 > 署名の追加」画面で、「発生条件」を満たす署名を追加します。

    例:
    署名(改行)
    1

【再現手順】

  1. [メール] > [メールを送る] > [送信する]の順にクリックします。

→現象発生:
 JavaScriptエラーが発生し、反応しません。

補足:

  • 手順1で、[下書きに保存する]または[キャンセルする]をクリックした場合も、同様の現象が発生します。

  • 「署名」のドロップダウンリストで、署名を変更した場合、ドロップダウンリストの表示は変わりますが、「署名」欄の内容は変更されません。

  • 「発生条件」を満たす署名を1件でも追加すると、「メールの送信」画面でその署名が選択されていない場合でも、同様の現象が発生します。

  • 次の改行コードを含む場合に現象発生することを確認しています。
    • 「LS(U+2028)」(改行コード)
    • 「PS(U+2029)」(改行コード)

【対応方法】

 

ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 署名の設定 > 署名の変更」画面で、署名からUnicodeで改行として扱われる文字を削除します。

関連記事