001-009843

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux版の現象]スケジューリングサービスのログが、ローテートされたあとの古いログファイルに出力される場合がある。

種別
不具合
機能
  • ベース
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
改修バージョン
4.2.6
公開日
2017-04-11
更新日
2017-07-03

【発生条件】


次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 同じタイミングで、複数のログがsched.logへ書き込まれる。

  • 1つ目の条件と同じタイミングで、sched.logがローテートする。

 

【再現手順】

  1. sched.logを確認します。

    補足:
    • スケジューリングサービスのログファイルは次のディレクトリにあります。
      (CGIインストールディレクトリ)/sched.log

→現象発生:

 スケジューリングサービスのログがsched.logに出力されません。

 またこのとき、ローテートされたあとの古いログファイルにログが出力されます。


【対応方法】

 

スケジューリングサービスを再起動します。

【ガルーン 4】よくあるご質問:
「ガルーン」で利用しているサービスの停止/起動はどのように行なうのですか?

https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/garoon4/Detail.aspx?id=961

 

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2017/07/03 再現バージョンを更新しました。