016-009919

パッケージ版 メールワイズ

本文の改行コードが「LF」または「CR」のメールをテキスト形式で返信すると、署名の位置を引用文の前に挿入する設定にしていても、末尾に挿入される。

           
種別
不具合
機能
  • メール作成
  • メール受信
再現バージョン
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
改修バージョン
公開日
2017-04-27
更新日
2017-04-27

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • 本文の改行コードに「LF」または「CR」を含むメールを、テキスト形式で返信する。

【準備】

  • 「発生条件」を満たすメールを受信します。

    例:
    ——-
    件名:メール1
    本文:受信メール本文(改行)
       1
    ——-

  • 運用管理画面で、署名を追加します。

    例:
    ——-
    名前:署名1
    内容:署名内容1
    ——-

  • 運用管理の「詳細設定の変更」画面で、次の設定を行います。

    • 書式編集機能:「テキスト入力のみ」を選択する
    • 署名の位置:「引用文の前に挿入する」を選択する

【再現手順】

  1. [メール] [メール1] [返信する]の順にクリックします。

  2. 「署名」欄で「署名1」を選択します。

  3. [送信する]をクリックします。

→現象発生:
 署名が、引用文の前ではなく、本文の末尾に挿入されます。
 
 例:
 ——-
 >受信メール本文(改行)
 >1
 署名内容1
 ——

→正しい結果:
 署名が、引用文の前に挿入されます。
 
 例:
 ——-
 署名内容1
 >受信メール本文(改行)
 >1
 ——

補足:

  • 「メールの送信」画面で[送信する]をクリックした場合、送信したメールでも署名が本文の末尾に挿入されます。

  • 書式編集を使用する設定にし、「メールの返信」画面でテキストを選択した場合も、同様の現象が発生します。
    1. 運用管理の「詳細設定の変更」画面で、次の設定を行います。

      • 書式編集機能:「書式編集を使用する」を選択する

    2. [メール] [メール1] [返信する]の順にクリックします。

    3. [テキスト]をクリックします。

    4. 「署名」欄で「署名1」を選択します。

    5. [送信する]をクリックします。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。