001-010057

パッケージ版 Garoon

[iOS Safari/Android Chromeの現象]モバイル表示を使用して申請を承認する場合、必須項目かつ、右隣に配置された「ファイル添付」項目が存在すると、必須項目に値が設定されていてもエラー(GRN_WRKF_25850)が発生する。

           
種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
改修バージョン
4.6.1
公開日
2017-09-26
更新日
2017-11-24

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 次の条件をすべてを満たす「ファイル添付」項目である。
    • 必須項目に設定されている。

    • 項目のアクセス権の設定で、申請者に編集が許可されている。

    • 項目のアクセス権の設定で、承認者に編集が許可されている。

    • 直前の項目につづけて、右隣に配置されている。

  • モバイル表示で、申請を承認する。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ワークフローに、カテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に、申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に発生条件を満たす項目を追加します。

    例:
    ------------------------
    タイプ:文字列(1行)
    項目名:項目1

    タイプ:ファイル添付
    項目名:項目2
    項目の条件:「必須項目にする」のチェックボックスを選択する
    右隣への配置:「直前の項目につづけて、右隣に配置する。」のチェックボックスを選択する
    ------------------------

  • 申請フォーム1に経路を設定し、申請フォーム1を有効にします。

    例:
    ------------------------
    経路情報:
    • 経路名:専用経路1
    承認経路:
    • 経路ステップ:承認経路1
    ------------------------

  • 項目2のアクセス権を設定します。

    例:
    ------------------------
    申請者:「編集」のチェックボックスを選択する
    承認経路1:「編集」のチェックボックスを選択する
    ------------------------

    補足:
    • (システム管理画面)「ワークフロー > 申請フォームの一覧 > 申請フォームの詳細 > 項目のアクセス権の設定」画面で設定します。

  • ユーザー1で、申請フォーム1を使用して申請を作成します。

    例:
    ------------------------
    標題:申請1
    項目2:ファイル1
    承認経路1の処理者:ユーザー1
    ------------------------

【再現手順】

  1. iOSがインストールされている端末のSafariから、ユーザー1でガルーンにログインします。

  2. [モバイル表示]をタップします。

  3. [ワークフロー] > [申請1]の順にタップします。

  4. [承認] > [承認]の順にタップします。


→現象発生:
 次のエラーが発生し、申請を承認できません。
 ------------------------
 エラー(GRN_WRKF_25850)
 必須項目が未入力なため、この申請は処理できません。Webブラウザーで必須項目を入力し、処理してください。

 原因
 原因は不明です。
 ------------------------

補足:

  • Android Chromeを利用した場合も、同様の現象が発生します。

  • 準備5点目で、共有経路を設定した場合にも、同様の現象が発生します。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.6.1のGaroon

関連記事