001-010142

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Windows版の現象]メールサーバーとの通信にSSL/TLSを使用する設定をすると、エラーが発生し、メールサーバーを登録できない。

種別
不具合
機能
  • メール
  • システム設定
再現バージョン
  • 4.6.0
改修バージョン
4.6.1
公開日
2017-10-25
更新日
2017-11-24

【発生条件】

次の条件を満たすメールサーバーを登録しようとした場合に発生します。

  • メールサーバーとの通信にSSL/TLSを使用する

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [メール] > [メールサーバーの設定] > [メールサーバーを追加する]の順にクリックします。

  2. 「発生条件」を満たすメールサーバーの設定を入力します。

    例:
    • 送信メールサーバーの場合:
      -------
      送信メールサーバー名(SMTP):送信メールサーバー1
      送信メールサーバーポート番号:465
      暗号化通信:SSL/TLSを使用する
      SMTP認証方法:PLAIN
      -------

    • 受信メールサーバーの場合:
      -------
      受信プロトコル:POP3
      受信メールサーバー名:受信メールサーバー1
      受信メールサーバーポート番号:995
      SSL/TLSの仕様:「メールサーバーとの通信にSSL/TLSを使用する」のチェックボックスを選択する
      -------

  3. [追加する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、メールサーバーを登録できません。

  • 送信メールサーバーの場合:
    -------
    エラー (GRN_MAIL_24151)
    送信メールサーバーとの接続に失敗しました。

    原因
    メールサーバーからの応答: ""-1 - [サーバーへの接続に失敗しました。] ""
    -------

  • 受信メールサーバーの場合:
    -------
    エラー (GRN_MAIL_24201)
    受信メールサーバーとの接続に失敗しました。

    原因
    メールサーバーからの応答: ""-1 - [サーバーへの接続に失敗しました。] ""
    -------


補足:

  • バージョン 4.2.6以前のGaroonでSSL/TLSを使用するメールサーバーを登録済みの場合、バージョンアップすると、次の現象が発生します。

    • 送信メールサーバーとの通信にSSL/TLSを使用している場合:
      メールを送信しようとすると、エラー (GRN_MAIL_24151)が発生し、送信できない。

    • 受信メールサーバーとの通信にSSL/TLSを使用している場合:
      メールを受信しようとすると、エラー (GRN_MAIL_24201)が発生し、受信できない。

  • 送信メールサーバーの暗号化通信にSTARTTLSを設定すると、エラーは発生せず、サーバーからの応答がない状態になります。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.6.1のGaroon

関連記事