001-010154

パッケージ版 Garoon

全文検索サーバー利用時、メッセージの更新日と検索期間の終了日を同日にすると、差出人で検索できない場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • メッセージ
  • メール
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
改修バージョン
4.6.2
公開日
2017-11-08
更新日
2018-02-16

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 全文検索サーバーを利用している。

  • メッセージの検索画面で、キーワードを空欄にし、差出人を入力している。

  • メッセージの更新日と、検索期間の終了日が同日である。

 

【準備】

  • 全文検索サーバーをインストールし、Garoonで利用できるよう設定します。

  • Garoonで、ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1でメッセージを送受信し、既読にします。

    例:
    ———-
    標題:メッセージ1
    差出人:ユーザー1 2017年11月01日(水) 10:00
    宛先:ユーザー1
    ———-

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [受信箱]の順にクリックします。

  2. 画面右上にある、検索ボックスの虫めがねアイコンをクリックします。

  3. キーワードを空欄にし、差出人と期間を入力します。

    例:
    ———-
    キーワード:(空欄)
    検索フォルダ:受信箱
    差出人:ユーザー1
    期間:2017-11-01 – 2017-11-01
    ———-

    補足:
    • 期間の終了日に、メッセージ1の更新日を入力します。

  4. [検索]をクリックします。

→現象発生:
  検索結果にメッセージ1が表示されません。

 

補足:

  • 次の検索フォルダでも、同様の現象が発生します。
    • 「(すべて)」フォルダ
    • 「送信箱」フォルダ
    • 作成したフォルダ

  • 差出人以外のユーザーがメッセージを更新した場合、全文検索の「差出人」欄では最終更新者がヒットする仕様です。

  • メールでも、同様の現象が発生します。

  • メールの場合、手順3で次の操作を行っても、同様の現象が発生します。

    • キーワードを空欄にし、To、Cc、Bccと期間を入力する。

【回避方法】

検索期間の終了日に、メッセージの更新日よりあとの日付を入力して検索します。

 例:
 ----------
 キーワード:(空欄)
 検索フォルダ:受信箱
 差出人:ユーザー1
 期間:2017-11-01 - 2017-11-02
 ----------

 

【対応方法】

「回避方法」と同じ手順です。

関連記事