004-010174

リモートサービス

[Linux版の現象]リモートサービスマネージャーが正常に停止しない場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.1.7
改修バージョン
3.1.8
公開日
2017-12-26
更新日
2018-01-26
【発生条件】
次のディレクトリ以外の場所でリモートサービスマネージャーを停止すると、現象が発生します。
  • バージョン 3.1.7のインストーラー「cbrs-rc-3.1.7.bin」を実行したディレクトリ
  • バージョン 3.1.7のリモートサービスマネージャーを起動したディレクトリ

    補足:
    • インストーラーを実行したディレクトリや、リモートサービスマネージャーを起動したディレクトリには、「CB_APP_IDENTIFER」という名前の不要なファイルが作成されます。
 
【再現手順】
  1. 「CB_APP_IDENTIFER」ファイルが存在しないディレクトリに移動します。

    例:
    cd /home/cybozu

  2. リモートサービスマネージャーを停止します。

    例:
    /etc/init.d/cbrs_(インストール識別子) stop

  3. 実行中のプロセスを確認します。

    例:
    ps

→現象発生:
 実行中のプロセスに「boot.sh」があり、リモートサービスが停止していません。

 例:
 ————
 23341 pts/1    00:00:26 boot.sh
 ————


【対応方法】

「CB_APP_IDENTIFER」ファイルが存在するディレクトリで停止コマンドを実行します。

 

  1. 「CB_APP_IDENTIFER」ファイルが存在するディレクトリを確認します。

    例:
    find / -name CB_APP_IDENTIFER

  2. 手順1で確認したディレクトリに移動します。

    例:
    cd /home/cybozu

  3. リモートサービスマネージャーを停止します。

    例:
    /etc/init.d/cbrs_cbrc stop

  4. 手順1で表示されたディレクトリすべてで手順3の操作を実行します。

    補足:
    • 停止コマンド2回目以降は次のエラーが表示されます。
      ---------------
      rm: cannot remove `/var/lock/subsys/cbrs_cbrc': そのようなファイルやディレクトリはありません
      ---------------

  5. プロセスに「boot.sh」がないことを確認します。

    例:
    ps

 

補足:

  • リモートサービスマネージャーを停止すると、「CB_APP_IDENTIFER」ファイルが削除されます。

関連記事