003-010222

全文検索サーバー for Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux版の現象]Red Hat Enterprise Linux 7以降で、OSを起動した時に全文検索サーバーが自動起動しない場合がある。

種別
サーバー環境の制限事項
機能
  • 全文検索
再現バージョン
  • 2.0.1
  • 2.0.2
  • 2.0.3
改修バージョン
公開日
2018-02-26
更新日
2020-09-08
【発生条件】
次の条件をすべて満たすと発生する場合があります。
  • サーバーOSに、Red Hat Enterprise Linux 7以降を利用している。

  • ルートディレクトリーのあるパーティションと、全文検索サーバーがインストールされたディレクトリーのパーティションが別である。

【準備】
  • 発生条件を満たすように、全文検索サーバーをインストールします。

【再現手順】
  1. サーバーOSを再起動します。

  2. 全文検索サーバーの状態を確認します。

    補足:
    • 次のコマンドを実行します。
      • /etc/init.d/cbss_solr status

      • /etc/init.d/cbss_worker status
→現象発生:
 全文検索サーバーが自動起動しない場合があります。

【回避方法】
次の操作で、全文検索サーバーの起動スクリプトのシンボリックリンクを削除し、物理ファイルを/etc/init.d/ディレクトリーへコピーします。
  1. GaroonのWebサーバーを停止します。

    例:
    systemctl stop httpd.service

  2. Garoonのスケジューリングサービスを停止します。

    例:
    /etc/init.d/cyss_cbgrn stop

  3. 全文検索サーバーを停止します。

    例:
    1. /etc/init.d/cbss_solr stop  

    2. /etc/init.d/cbss_worker stop

  4. シンボリックリンクを削除します。

    例:
    1. rm -f /etc/init.d/cbss_solr

    2. rm -f /etc/init.d/cbss_worker

  5. 物理ファイルを/etc/init.dディレクトリーにコピーします。

    例:
    1. cp /usr/local/cybozu/cbfts/bin/SolrServer.sh /etc/init.d/cbss_solr

    2. cp /usr/local/cybozu/cbfts/bin/WorkerServer.sh /etc/init.d/cbss_worker

  6. 「cbss_solr」と「cbss_worker」の所有者と権限を変更します。

    例:
    1. 「cbss_solr」の所有者と権限を変更します。
      chmod 755 /etc/init.d/cbss_solr

      chown root:root /etc/init.d/cbss_solr


    2. 「cbss_worker」の所有者と権限を変更します。
      chmod 755 /etc/init.d/cbss_worker

      chown root:root /etc/init.d/cbss_worker


  7. 「cbss_solr」と「cbss_worker」の所有者と権限を確認します。

    例:
    ll /etc/init.d/

    補足:
    所有者とグループがroot、権限が「
    -rwxr-xr-x」であることを確認します。
    • -rwxr-xr-x 1 root root 1825 Jan 18 18:00 cbss_solr
    • -rwxr-xr-x 1 root root 1825 Jan 18 18:00 cbss_worker

  8. 全文検索サーバーを起動します。

    例:
    1. /etc/init.d/cbss_solr start

    2. /etc/init.d/cbss_worker start

      補足:

      • コマンド実行後、solrとworkerが起動していることを確認してください。

  9. Garoonのスケジューリングサービスを起動します。

    例:
    /etc/init.d/cyss_cbgrn start
     
  10. GaroonのWebサーバーを起動します。

    例:
    systemctl start httpd.service

【対応方法】
 「回避方法」と同じ手順です。

関連記事