001-010231

パッケージ版 Garoon

「差出人」または「宛先」に含まれるユーザーの名前が変更されたあと、メッセージをファイルに出力しても、変更前の名前で書き出される。

           
種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
改修バージョン
公開日
2018-03-13
更新日
2018-04-10

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー2でメッセージを送信します。

    例:
    ——-
    標題:メッセージ1
    差出人:ユーザー2
    宛先:ユーザー1、ユーザー2
    ——-

    補足:
    • 「宛先」に「差出人」と同一のユーザーを含めます。

  • ユーザー2の名前を変更します。

    例:
    ——-
    名前:user2
    ——-

    補足:
    • 次のどちらかの画面で、名前を変更します。
      • (システム管理画面)「ユーザー > 組織/ユーザーの設定 > ユーザーの詳細 > ユーザー情報の変更」画面
      • (個人設定画面)「ユーザー > ユーザー情報の詳細 > ユーザー情報の変更」画面

 

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [受信箱] > [メッセージ1]の順にクリックします。

    例:
    ——-
    差出人:user2
    宛先:ユーザー1、user2
    ——-

    補足:
    • 「差出人」と「宛先」に、変更後の名前が表示されています。

  2. [オプション] > [ファイルに出力する]の順にクリックし、[書き出す]をクリックします。

  3. 書き出したファイルを確認します。

→現象発生:
 「差出人」と「宛先」が、変更前の名前で書き出されています。

 例:
 ——-
 差出人:ユーザー2
 宛先:ユーザー1、ユーザー2
 ——-

補足:

  • メッセージの「差出人」と「宛先」のうち、どちらか1つに含まれるユーザーの名前を変更した場合も、同様の現象が発生します。

  • 「受信箱」以外のフォルダから、「ファイルに出力する」機能を使用してメッセージを書き出した場合も、同様の現象が発生します。
    なお、「ごみ箱」フォルダの場合、「メッセージを削除したユーザー」も変更前の名前で書き出されます。

  • (システム管理画面)「メッセージ > メッセージの検索 > メッセージの詳細 > ファイルに出力する」画面から、メッセージ1を書き出した場合も、同様の現象が発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

 

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2018/04/10 タイトルを更新しました。