001-010334

パッケージ版 Garoon

関心あり
1人の方が関心を示しています。

[Windows版の現象]Garoonのインストーラーと同じディレクトリーにphp.iniがあると、正常にバージョンアップできない場合がある。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
改修バージョン
4.10.0
公開日
2018-08-29
更新日
2018-10-19

【発生条件】

次の条件を満たすと発生する場合があります。

  • バージョンアップに使用するGaroonのインストーラーと同じディレクトリーに、php.iniが存在する。

【準備】

  • Garoonをインストールします。

  • 発生条件を満たす状態にします。

    例:
    • 次の手順で現象が発生することを確認しています。
      1. 準備1点目でインストールしたGaroonのphp.iniをコピーします。

        補足:
        • php.iniは次の場所に配置されています。
          (CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)/php.ini

          Windowsの場合:

          C:\Inetpub\scripts\cbgrn\php.ini

      2. コピーしたファイルを、バージョンアップに使用するGaroonのインストーラーと同じディレクトリーに配置します。

【再現手順】

  1. Garoonのインストーラーを起動し、バージョンアップを実行します。

→現象発生:
 正常にバージョンアップできません。

補足:
  • 準備2点目で配置したphp.iniと、手順1で起動するGaroonのインストーラーのバージョンの組み合わせによって、現象発生時の挙動が異なります。

    例1:
    バージョン 3.7.0のGaroonのphp.iniを配置して、バージョン 3.7.0からバージョン 4.0.0へのバージョンアップを実行します。

    php.iniに「allow_call_time_pass_reference=On」の記述がある場合:
    • バージョンアップ実行ログが作成されません。

    • バージョンアップスクリプトが異常終了します。
      ------------------
      バージョンアップスクリプトが異常終了しました。(1)サイボウズオフィシャルパートナー、または販売元にお問い合わせください。
      ------------------

    • Garoonにログインしようとすると、次のエラーが発生し、ログインできません。
      ------------------
      Fatal error: require_once(): Failed opening required 'cbsearch/application.csp' (include_path='C:/Inetpub/scripts/cbgrn/code/include;C:/Inetpub/scripts/cbgrn/code/pear;C:/Inetpub/scripts/cbgrn/code/smarty/libs') in C:\inetpub\scripts\cbgrn\code\include\fw\lwc.csp on line 227
      ------------------

    例2:
    バージョン 4.0.0のGaroonのphp.iniを配置して、バージョン 4.0.0からバージョン 4.6.0へのバージョンアップを実行します。

    php.iniに「allow_call_time_pass_reference=On」の記述がない場合:
    • バージョンアップ実行ログが作成されません。

    • ログイン画面にアクセスすると、バージョン番号に、バージョンアップ前のバージョンが表示されます。
      コピーライトの表記は、バージョンアップに使用したインストーラーのものになります。

      Cybozu® Garoon Version 4.0.0 Copyright © 2014 - 2017 Cybozu

      バージョン 4.0.0のGaroonのコピーライトは、「Copyright © 2014 Cybozu」です。

    • Garoonにログインしようとすると、次のエラーが発生し、ログインできません。
      ------------------
      Fatal error: require_once(): Failed opening required 'cbdnet/application.csp' (include_path='C:/Inetpub/scripts/cbgrn/code/include;C:/Inetpub/scripts/cbgrn/code/pear;C:/Inetpub/scripts/cbgrn/code/smarty/libs') in C:\inetpub\scripts\cbgrn\code\include\fw\lwc.csp on line 243
      ------------------

  • Service Packを適用した場合、次の現象が発生することを確認しています。

    例1:
    バージョン 3.7.0のGaroonのphp.iniを配置して、バージョン 4.0.0のGaroonにService Pack 1を適用します。

    php.iniに「allow_call_time_pass_reference=On」の記述がある場合:

    MySQLが起動しているにもかかわらず、次のエラーメッセージが表示され、Service Packを適用できません。
    ------------------
    MySQLが起動していないため、ガルーンをバージョンアップできません。
    MySQLを起動してください。
    ------------------

    例2:
    バージョン 4.2.0のGaroonのphp.iniを配置して、バージョン 4.6.0のGaroonにService Pack 3を適用します

    php.iniに「allow_call_time_pass_reference=On」の記述がない場合:
    ログイン画面にアクセスすると、バージョン番号に、バージョンアップ前のバージョンが表示されます。
    コピーライトの表記は、バージョンアップに使用したインストーラーのものになります。

  • 補足2点目のService Packを適用した場合の現象のみ、Linux版でも発生します。

  • php.ini内の記述は、Garoonのバージョンによって異なります。

    バージョン 3.7.5以前のGaroonの場合:
    「allow_call_time_pass_reference=On」の記述があります。

    バージョン 4.0.0以降のGaroonの場合:
    「allow_call_time_pass_reference=On」の記述がありません。

【対応方法】

バージョンアップ(補足1点目)の場合:

バージョンアップ前の環境を再構築し、バージョンアップに使用するGaroonのインストーラーと同じディレクトリーに存在するphp.iniを削除した上で、再度バージョンアップを実施してください。

補足:

  • バックアップ、リストアの手順については、Garoon管理者ガイドをご確認ください。

Service Pack適用(補足2点目)の場合:

適用するGaroonのService Packと同じディレクトリーに存在するphp.iniを削除した上で、再度Service Packを適用してください。


-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2018/10/17 補足を更新しました。

関連記事