001-010342

パッケージ版 Garoon

アプリケーションの利用ユーザーを設定したあと、アプリケーションを使用開始すると、使用停止していたアプリケーションの利用ユーザーの設定が書き出されない。

           
種別
不具合
機能
  • 全般
再現バージョン
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
改修バージョン
4.10.2
公開日
2018-12-13
更新日
2019-03-15
【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • 「アプリケーション一覧」画面で、アプリケーションを使用停止する。

    補足:
    • 「利用ユーザーの設定」画面で、利用ユーザーを設定できるアプリケーションを使用停止します。

  • 「利用ユーザーの設定」画面で、利用ユーザーの設定対象を追加する。

  • 使用停止していたアプリケーションを使用開始し、利用ユーザーを書き出す。

【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • 「発生条件」を満たすアプリケーションを使用停止します。

    例:
    「マルチレポート」を使用停止します。

    補足:
    • (システム管理画面)「アプリケーション > アプリケーション一覧」画面で設定します。

  • ユーザー1に対し、利用を許可するアプリケーションを設定します。

    例:
    ------------
    対象:ユーザー1
    利用を許可するアプリケーション:「ケータイ」以外のチェックボックスの選択を外す
    ------------

    補足:
    • (システム管理画面)「アプリケーション > 利用ユーザーの設定 > 対象の追加」画面で設定します。

  • マルチレポートを使用開始します。

    補足:
    • (システム管理画面)「アプリケーション > アプリケーション一覧」画面で設定します。

【再現手順】
  1. システム管理画面にログインします。

  2. [基本システムの管理] > [アプリケーション] > [利用ユーザーの書き出し]の順にクリックします。

  3. [書き出す]をクリックします。

  4. 書き出したCSVファイルで、ユーザー1の行を確認します。

 →現象発生:
 マルチレポートの設定が書き出されず、マルチレポート以外のアプリケーションの設定がすべて左詰めに書き出されます。
 
 例:
 マルチレポートの列にケータイの設定「1」が書き出され、ケータイの列は空欄になります。

【回避方法】

アプリケーションを使用開始したあとに、ユーザー1に対し、利用を許可するアプリケーションを設定します。

【対応方法】

アプリケーションを使用開始したあとに、ユーザー1の「利用を許可するアプリケーションの変更」画面で、[変更する]をクリックします。

関連記事