001-010463

パッケージ版 Garoon

[Linux版の現象]Service Packを適用すると、grn.cgiの所有者が「root」に変更される場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 4.2.6
  • 4.10.1
改修バージョン
4.10.2
公開日
2019-01-17
更新日
2019-03-15
【再現手順】
  1. バージョン 4.10.0のGaroonをインストールします。

  2. grn.cgiの所有者を確認します。

    例:
    grn.cgiの所有者がapacheであるとします。

    補足:
    • grn.cgiは次のディレクトリーに配置されています。
      (CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)/grn.cgi

  3. Service Pack 1を適用します。

  4. grn.cgiの所有者を確認します。

→現象発生:
 grn.cgiの所有者が「apache」から「root」に変更されています。

 補足:
  • バージョン4.2.0のGaroonにService Pack 6を適用した場合も、同様の現象が発生します。

→正しい結果:
 grn.cgiの所有者が変更されません。

【対応方法】

grn.cgiの所有者を、Webサーバーの実行ユーザーに変更します。

例:
「apache」に変更します。

関連記事