014-009643

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

レコードを処理するユーザーに「処理者」の編集権限がない場合、次の状況の「処理者」に初期値が適用されない。

種別
不具合
機能
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 10.0.0
  • 10.0.1
  • 10.0.2
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
  • 10.3.0
  • 10.4.0
  • 10.5.0
  • 10.6.0
  • 10.6.1
  • 10.7.0
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
  • 10.8.3
  • 10.8.4
  • 10.8.5
改修バージョン
公開日
2019-03-04
更新日
2019-03-04

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ステータス管理機能が有効なアプリを追加します。

    例:
    ---------
    アプリ名:アプリ1
    メンバーに含めるユーザー:ユーザー1、ユーザー2
    ---------

  • 状況を未着手とし、処理者をユーザー1に設定したレコードを登録します。

    例:
    ---------
    標題:レコード1
    状況:未着手
    処理者:ユーザー1
    ---------

  • アプリ1の未着手の「処理画面の設定」画面で、次の設定を行います。

    例:
    ---------
    次の状況の初期値:「作業中」
    次の処理者の初期値:「ユーザー2」
    ---------

  • 「アクセス権の変更(項目)」画面で、「処理者」項目に次の設定を行います。

    • バージョン 10.4.0以前のサイボウズ Officeの場合:
      [全員]:「閲覧」のチェックボックスを選択する

    • バージョン 10.5.0以降のサイボウズ Officeの場合:
      [全員]:「閲覧のみ」を選択する

      補足:
      • ユーザー1に「処理者」項目の編集権限がないように設定します。

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインし、[カスタムアプリ] > [アプリ1] > [レコード1]の順にクリックします。

  2. [処理する]をクリックします。

→現象発生:
 次の状況の処理者に初期値が適用されません。

 例:
 「作業中」の処理者の初期値が、ユーザー1になります。


補足:

  • 手順2のあと、[処理する]をクリックした場合、処理者はユーザー1になります。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事