014-010319

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ユーザーにメールアカウントの登録を許可しないと、個人設定の「メールアカウントの変更」画面で、受信メールをメールサーバーに残す場合の期限を変更できない。

種別
不具合
機能
  • メール受信
再現バージョン
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
改修バージョン
10.8.3
公開日
2019-03-06
更新日
2019-04-19
【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • (システム設定画面)「メール > ユーザーの権限」画面で、次の設定を行います。

    • 「メールアカウントの登録を許可する」のチェックボックスの選択を外す。

  • メールサーバーを追加します。

  • ユーザー1に、次のようなメールアカウントを追加します。

    例:
    ---------------
    E-mail:メールアカウント1
    メールデータ:
    • 「受信メール(POP3)サーバーに残す」のチェックボックスを選択する。
    • 「14」日後にサーバーから削除する。
    ---------------

【再現手順】
  1. ユーザー1でログインし、[個人設定] > [メール] > [メールアカウントの設定]の順にクリックします。

  2. メールアカウント1の[変更する]をクリックします。

  3. 次のように設定し、[変更する]をクリックします。

    例:
    ---------------
    メールデータ:
    • 「受信メール(POP3)サーバーに残す」のチェックボックスを選択する。
    • 「1」日後にサーバーから削除する。
    ---------------

  4. 「メールアカウントの設定」画面で、再度メールアカウント1の[変更する]をクリックします。

→現象発生:
 期限が変更されていません。

 例:
 ---------------
 メールデータ:
  • 「受信メール(POP3)サーバーに残す」のチェックボックスを選択する。
  • 「14」日後にサーバーから削除する。
 ---------------

補足:
  • 準備の4点目で、「受信メール(POP3)サーバーに残す」のチェックボックスを選択せずに、個人設定の「メールアカウントの設定」画面から変更しようとした場合、期限が「無制限」になります。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 10.8.3のサイボウズ Office

関連記事