001-010369

パッケージ版 Garoon

返信メールのヘッダーの「References」フィールドで、メールIDの末尾に半角スペースがあると、返信したときの「References」フィールドに空のメールIDが挿入される。

           
種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
改修バージョン
4.10.3
公開日
2019-03-26
更新日
2019-06-07
【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。
  • 「References」フィールドのメールIDの末尾に半角スペースがあるメールに返信する。

    メールソースの例:
    ------------
    Return-Path: user2@xxxxx.co.jp
    Received: from xxxxx by xxxxx; Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
    Date:Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
    Subject: Re: Sample_Mail1
    From: user2 <user2@xxxxx.co.jp>
    To: user1 <user1@xxxxx.co.jp>
    References: <0_12345678_0123456789.1234.cbgrn@xxxxx.co.jp> (半角スペース)
    In-Reply-To: <0_12345678_0123456789.1234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
    X-Mailer: xxxxxxxxxx
    Message-ID: <1_23456789_0123456789.01234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
    mime-version: 1.0
    Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP
    Content-Transfer-Encoding: 7bit
    ----------

【準備】
  • 「発生条件」を満たすメールを返信します。

    例:
    Re: Sample_Mail1

【再現手順】
  1. アプリケーション画面にログインし、[メール] > [送信箱] > [Re: Sample_Mail1]の順にクリックします。

  2. 「オプション」アイコン > [ソースの表示]の順にクリックし、メールソースを確認します。

→現象発生:
 「References」フィールドに、空のメールIDが挿入されます。

 例:
 ------------
 Return-Path: user1@xxxxx.co.jp
 Received: from xxxxx by xxxxx; Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
 Date: Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
 Subject: Re: Sample_Mail1
 From: user1 <user1@xxxxx.co.jp>
 To: user2@xxxxx.co.jp
 References: <1_23456789_0123456789.01234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
  <0_12345678_0123456789.1234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
  <>
 In-Reply-To: <1_23456789_0123456789.01234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
 X-Mailer: Cybozu(R) Garoon(R)
 Message-ID: <12345678901234567890123457890@xxxxx.co.jp>
 mime-version: 1.0
 Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP
 Content-Transfer-Encoding: 7bit
 ------------
 
→正しい結果:
 「References」フィールドに、空のメールIDが挿入されません。

 例:
 ------------
 Return-Path: user1@xxxxx.co.jp
 Received: from xxxxx by xxxxx; Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
 Date: Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
 Subject: Re: Sample_Mail1
 From: user1 <user1@xxxxx.co.jp>
 To: user2@xxxxx.co.jp
 References: <1_23456789_0123456789.01234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
  <0_12345678_0123456789.1234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
 In-Reply-To: <1_23456789_0123456789.01234.cbgrn@xxxxx.co.jp>
 X-Mailer: Cybozu(R) Garoon(R)
 Message-ID: <12345678901234567890123457890@xxxxx.co.jp>
 mime-version: 1.0
 Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP
 Content-Transfer-Encoding: 7bit
 ------------

補足:
  • 準備1点目で、次の操作を行った場合も、同様の現象が発生します。
    • 全員に返信
    • 転送

  • 「References」フィールドのメールIDの末尾にある半角スペースと同じ数の空のメールIDが挿入されます。
  • 「References」フィールドに空のメールIDが大量に挿入されると、メールサーバーでメールヘッダーのサイズ制限がある場合に、受信を拒否される可能性があります。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.10.3のGaroon

関連記事