001-010528

パッケージ版 Garoon

0人の方が関心を示しています。

本文の末尾に制御文字があると、メールを送信できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 4.10.2
改修バージョン
4.10.3
公開日
2019-04-26
更新日
2019-06-07
【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1にメールアカウントを追加します。

  • ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 一般設定」画面で、「送信前に確認画面を表示する」のチェックボックスの選択を外します。

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、次の操作を行います。

    2ペイン(プレビュー非表示)の場合:
    • [メール] > [メールを送る]の順にクリックします。

    3ペイン(プレビュー表示)の場合:
    • [メール] > [作成]の順にクリックします。

  2. 本文の末尾に制御文字を入力します。

    例:
    ------------
    To:xxx@xxxxx.co.jp
    本文:本文1(制御文字)
    ------------

    補足:
    • 「(制御文字)」部分には、実際の制御文字を入力します。

  3. [送信する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、メールを送信できない場合があります。

 WebサーバーにIISを使用している場合:
 
 例
 エラーメッセージが文字化けした状態で表示されます。
 ------------
 エラー
 502 - Web XXXXXXXXX……
 ------------

 WebサーバーにApacheを使用している場合:

 例:
 ------------
 エラー
 500 Internal Server Error Internal Server Error The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request. Please contact the server administrator, you@example.com and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error. More information about this error may be available in the server error log.
 ------------

補足:
  • 本文の末尾に、エスケープを示す制御文字(U+001B)がある場合に、本現象が発生することを確認しています。

  • 準備2点目で、送信前に確認画面を表示する設定にした場合も、同様の現象が発生します。
    このとき、メールの本文で「テキスト」を選択している場合は、手順3のあとに次の操作を行う必要があります。
    • 「メールの送信確認」画面で、[送信する]をクリックします。

  • メールの本文で、テキストまたは書式編集のどちらを使用するかによって、現象発生時のエラーメッセージが異なる場合があります。

  • 返信、全員に返信、または転送のいずれかの操作でメールを送信しようとした場合も、同様の現象が発生します。

【回避方法】

末尾に制御文字がない本文に編集して、メールを送信します。

例:
  • 本文の末尾にある制御文字を削除します。

  • 本文の末尾にある制御文字のあとで、改行します。

  • 本文の末尾にある制御文字のあとに、通常の文字を入力します。

【対応方法】

「回避方法」と同じ手順です。


-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2019/05/07 補足を更新しました。

関連記事