014-010537

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

システムタスクの実行結果のログをファイルに書き出すと、ファイル名が正しく書き出されない。

種別
不具合
機能
  • ログ
  • バックアップ
再現バージョン
  • 10.8.3
改修バージョン
10.8.4
公開日
2019-05-23
更新日
2019-11-15
【準備】
  • システムタスクを実行する設定にします。

    例:
    ------------
    繰り返し条件:「毎日」を選択する
    開始時刻:「0時」「00分」
    ------------


    補足:
    • (システム設定画面)「システムタスク > タスクの一覧」画面で設定します。

    • 「データベース最適化」、および「バックアップ」のどちらの場合でも現象が発生します。

  • システムタスクの処理が終了するまで待ちます。

【再現手順】
  1. [システム設定] > [詳細設定を開く] > [システムタスク] > [タスクの一覧]の順にクリックします。

  2. 「データベース最適化」、または「バックアップ」の[ログを書き出す]をクリックします。

→現象発生:

 ファイル名が正しく書き出されません。

 例:
 「データベース最適化」、および「バックアップ」の実行結果のログファイルが、次のファイル名で書き出されます。

 Windows版の場合:
 ag.exe


 Linux
版の場合
 ag.cgi

→正しい結果:
 ファイル名が正しく書き出されます。

 例:
  • 「データベース最適化」の実行結果のログファイルが、「optimize.log」で書き出されます。

  • 「バックアップ」の実行結果のログファイルが、「backup.log」で書き出されます。

補足:
  • 現象発生時も、ログファイルの内容は正しく書き出されています。

  • 正しい結果では、Windows版、およびLinux版のどちらの場合も、同一のファイル名で書き出されます。

【対応方法】

書き出されたログファイルの拡張子を「log」に変更して、ファイルの内容を確認します。

例:
------------
変更前:ag.exe
変更後:ag.log
------------

関連記事