016-010080

パッケージ版 メールワイズ

ヘッダーの「Date」フィールドの値が同じ、または「Date」フィールドがないメールを「メールの詳細」画面で処理済みにすると、ページ送りが使用できなくなる場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • メール一覧表示
  • ページ送り
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
  • 5.4.7
改修バージョン
公開日
2019-06-07
更新日
2019-06-07

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 1つのフォルダーに、次のどちらかの条件を満たすメールのみが存在する。

    • ヘッダーの「Date」フィールドの値が同じである。

    • ヘッダーの「Date」フィールドがない、かつ、受信日時が同じである。

  • 「メールの詳細」画面で処理済みにする。

 

【準備】

  • 「発生条件」を満たすメールを2件以上受信します。

    例:
    • ヘッダーの「Date」フィールドの値が同じ場合:
      メールソースの例1:
      -------
      Return-Path: user2@xxxxx.co.jp
      Received: xxxxx by xxxxx; Wed, 1 Nov 2017 10:00:00 +0900
      Date: Wed, 01 Nov 2017 10:00:00 +0900
      Subject: Sample_Mail1
      -------

      メールソースの例2:
      -------
      Return-Path: user2@xxxxx.co.jp
      Received: xxxxx by xxxxx; Wed, 1 Nov 2017 10:00:00 +0900
      Date: Wed, 01 Nov 2017 10:00:00 +0900
      Subject: Sample_Mail2
      -------

    • ヘッダーの「Date」フィールドがない場合:
      次のメールを同日同時刻に受信します。

      メールソースの例1:
      -------
      Return-Path: user2@xxxxx.co.jp
      Received: xxxxx by xxxxx; Wed, 1 Nov 2017 10:00:00 +0900
      Subject: Sample_Mail1
      -------

      メールソースの例2:
      -------
      Return-Path: user2@xxxxx.co.jp
      Received: xxxxx by xxxxx; Wed, 1 Nov 2017 10:00:00 +0900
      Subject: Sample_Mail2
      -------

    補足:
    • Sample_Mail1、Sample_Mail2の状況は「未処理」の状態です。

【再現手順】

  1. [メール] > [処理メール]の順にクリックします。

  2. [Sample_Mail1]をクリックし、「メールの詳細」画面でページ送りのボタンが使用できることを確認します。

  3. [処理済みにする] > [OK]の順にクリックします。

→現象発生:

 ページ送りのボタンがグレーアウトし、使用できません。


補足:

  • 手順1で、[担当メール]、または[確認メール]をクリックした場合も、同様の現象が発生します。

  • 次のフォルダで、絞り込みのドロップダウンリストで「処理メール」を選択した場合も、同様の現象が発生します。
    • 「[未分類]」フォルダ
    • 追加したフォルダ

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事