001-010519

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メッセージの閲覧状況の動作モードを自動に設定しているとき、閲覧状況を確認する設定のメッセージを閲覧しても、閲覧状況にカウントされない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2019-06-13
更新日
2019-06-13
【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • メッセージの「閲覧状況の動作モード」を「自動」に設定している。

  • 「閲覧状況を確認する」設定のメッセージを受信する。

【準備】
  • メッセージの「閲覧状況確認の動作モード」を「自動」に設定します。

    補足:
    • (システム管理画面)「メッセージ > 一般設定」画面で設定します。

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1で、閲覧状況を確認する設定にしたメッセージを受信します。

    例:
    ------------
    標題:メッセージ1
    宛先:ユーザー1
    閲覧状況:「閲覧状況を確認する」のチェックボックスを選択する
    ------------

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [受信箱] > [メッセージ1]の順にクリックします。

→現象発生:
 閲覧状況にユーザー1の閲覧がカウントされません。

 例:
 閲覧状況 (0/1)

→正しい結果:
 閲覧状況にユーザー1の閲覧がカウントされます。

 例:
 閲覧状況 (1/1)

補足:
  • 現象発生時、「メッセージの詳細」画面の表示では閲覧状況にカウントされていませんが、実際は閲覧済みの扱いになっています。

  • 準備3点目でメッセージの宛先に複数のユーザーが設定されている場合も、同様の現象が発生します。

  • 次のフォルダでも、同様の現象が発生します。

    • 「送信箱」フォルダ
    • 「下書き」フォルダ
    • 「ごみ箱」フォルダ
    • 作成したフォルダ

  • 次の画面、およびポートレットからメッセージを閲覧した場合も、同様の現象が発生します。

    • 通知一覧
    • 「メッセージ」ポートレット
    • 「未確認メッセージ」ポートレット
    • 「通知一覧」ポートレット

【対応方法】

「メッセージの詳細」画面を更新します。

関連記事