001-010279

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ユーザー情報のカスタマイズ項目を検索対象に含めない設定にしても、共有ToDoの担当者の検索で、カスタマイズ項目が検索できてしまう。

種別
不具合
機能
  • スペース
  • ユーザー
再現バージョン
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2019-06-17
更新日
2019-06-17

【準備】

  • ユーザー情報の項目に、検索対象に含めない設定のカスタマイズ項目を追加します。

    例:
    ---------
    項目名:カスタマイズ項目1
    項目タイプ:文字列(1行)
    使用:「使用する」のチェックボックスを選択する
    公開:「公開する」のチェックボックスを選択する
    検索対象:「検索対象に含める」のチェックボックスの選択を外す
    ---------

    補足:
    • (システム管理画面)「ユーザー > ユーザー情報の項目」画面で追加します。

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ---------
    名前:ユーザー1
    カスタマイズ項目1:sample
    ---------

  • スペースを作成します。

    例:
    ---------
    スペース名:スペース1
    メンバー:ユーザー1
    ---------

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[スペース] > [スペース1] > [共有ToDo]の順にクリックします。

  2. 「担当者検索」の検索ボックスに、ユーザー1のカスタマイズ項目1が該当する検索文字列を入力します。

    例:
    sample

  3. 虫めがねアイコンをクリックします。

→現象発生:
 カスタマイズ項目1の内容が検索され、「担当者」にユーザー1が表示されます。

補足:
  • カスタマイズ項目に、次の項目タイプを設定した場合も、同様の現象が発生します。
    • 文字列(複数行)
    • URL
    • 画像URL
    • E-mail
    • IP電話

  • 次の画面でも、同様の現象が発生します。
    • ToDoの追加
    • ToDoの変更

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事